食い入るように作品を見つめるお客さん。
話かけるのもどこかはばかれます。