入ってすぐの真正面は目立つので、作品のセレクションや
レイアウト、配色のバランスなどにはとても気を使いました。