撮影テクニック Vol.30

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 8」
 
 
1651200708x
 
不思議な形の入道雲が浮かんでいた。
愛宕大橋から街並みと室見川で構成するが、
”観測写真”のようになった。
 
橋の上を走る車を点景に思いついて
遠回りして反対側に出る。車がいい位置に
入った瞬間を狙うと、写真に動感がでてきた。
 
同じ場所でもアングルの違いで
写真としてのインパクトが変わってくる。
 
1651180708r
■愛宕大橋 2007年8月■
 
南の空にキノコのような雲が浮かんでいて、愛宕
大橋で走る車を点景に狙った。これほど不思議な
雲が浮かんでいるのに、誰も気にかけることもなく
過ぎ去ってしまう…どこかもったいない感じがした。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.29

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 7」
 
 
0936179909x_2
 
百道浜の三角形のオブジェを前景に
次々と流れていく雲を狙っていた。
 
街灯を点景に構成してみたが
ちょっとまとまりのない写真になった。
 
ひたすらアングルを探していると、
横の建物の壁面と遠くのシーホークホテルが
オブジェと同じように見えてくるような角度を見つけた。
 
そこに渦を巻くような形の雲が流れてきて、
デザイン的な面白さが引き立った。
同じシチュエーションでもアングル次第でイメージも変わる。
 
0936169909p
■百道浜 1999年9月■
 
百道浜交差点近くの駐車場の隅に、三角形を並べた
オブジェが立っている。雲と撮影していると、すぐ横の
ビルとシーホークホテルが、オブジェの一部に見える
アングルを見つけた。面白い形をした雲が流れてきた。
 
< MINOLTA α-507si / AF 20mm / RDPⅡ >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.28

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 6」
 

1353120407x

水道管の上に並んだカモメを前景に
上空を流れる雲と構成する。

雲の大きさを描こうと、少し離れて狙ったが
そのままの”状況写真”のようになった。

もっと写真のインパクトを出そうと、
水道管にギリギリまで近寄って構成をやり直す。
 
画面下側の川をカットして、見る人の視線が
真っ先に雲とカモメに向かうような構図にする。
奥行き感も出て、ダイナミックな写真になった。
 
1353050407r
■室見川 2004年7月■
 
ずっと昔からある室見川下流の水道管(橋)。ここに
いろんな鳥が止まるので、いつか雲と狙おうと待って
いた。雲が刻々と流れる夏の日、ようやくチャンスが
やってきた。大胆な構図でダイナミックな感じを出した。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.27

撮影のテクニック 「前景を絞り込む 2」
 
1432320508x
 
入道雲が夕陽で染まって、
小戸で電柱とテントのいいアングルを見つけた。
 
だが、電柱は背景の空とトーンが近いので
その存在感が中途半端になることに気づいた。
 
そこでぐっと前に出て画面から電柱を外し、
前景をテントだけにして、作図をやりなおす。
 
雲の迫力が出て動感ある写真になった。
  
1432350508p
■マリノアシティ 2005年8月■
 
スコールのような雨が上がったら入道雲が出てきた。
山岳写真などでよく見る「笠雲」まで現れて、夕陽に
照らし出され色づいてきた。小戸にある車販売店の
テントのような屋根と不思議な世界観を描いてみた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.26

撮影のテクニック 「点景を整理する」
 
1652210708x
 
マリノアシティの北側で筋雲が広がっていた。
駐車場の標識、道路と柵、遠くの工場を
点景に構成してみた。
 
しかし…どこか”状況写真”のようにも見えてきた。
 
そこで点景を標識、柵、工場だけに絞って
シンプルに構成する。さらに雲とマッチするような
アングルを模索してみた。
 
それぞれの要素が生かされて
雲が引き立ち、印象的な写真になった。
  
1652160708p
■マリノアシティ 2007年8月■
 
朝から雲がいい表情だったので、撮影に走り回っていた。
マリノアシティに出ると、北側の駐車場が閉鎖されていて
(現在、ノートルダム・マリノア)出口ゲートの標識が目に
留まった。広がる筋雲とデザイン的な美しさを狙ってみた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.25

撮影のテクニック 「点景を待ってみる 2」
 
0571179610x
 
秋の早朝、あたりが突然暗くなって
見上げると太陽が雲に隠れていた。
そこに日暈までもが出ていた。
 
雲の表情がいいので、そのままの姿を狙う。
さらに何か点景を探すが…見つからなかった。
 
諦めかけた時、鳥の群れが飛び込んできた。
無意識にシャッターを切っていた。
 
鳥が入ったことにより、雲の大きさのリアリティが出て
幻想的なイメージが臨場感ある空間になった。
 
点景を入れることで写真のイメージも違ってくる。
 
0571169610p
■那珂 1996年10月■
 
太陽が陰ったと思って見上げたら、雲の中に
日暈が出ていた。角度を変えながら狙っていると、
鳥の群れが横切って臨場感ある情景になった。
 
 
< Canon EOS RT / EF 28-105mm / RDPⅡ >

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.24

撮影のテクニック 「点景の捉え方 2」
 
 
1276360309x
  
道路脇の電柱に蜘蛛の巣が張っていて
その向こうには五重の塔が見えていた。
 
見たままの景色をストレートに狙ったが
どこか印象がうすい写真になった。
 
そこで雲の上に蜘蛛を(乗せて)重ねて
点景としてのインパクトを出してみることに。
 
さらに、以前に紹介したように
画面を傾けて写真に動感を出してみる。
雲に乗った蜘蛛が空を漂っているようなイメージになった。
  
1276330309p
■唐人町 2003年9月■
 
夏の強い日差しが残る9月の上旬。唐人町にある
五重の塔の前で蜘蛛の巣を見つけた。まだ出来て
すぐなのか、ゴミがついておらず透けて見えていた。
蜘蛛が雲に乗って空を漂っているように狙ってみた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.23

撮影のテクニック 「点景の捉え方 1」
 
 
1288250309x
 
雲が色づくのを公園の堤防で待っていた。
そこで釣りをしているカップルが目について
点景としてシルエットで狙ってみる。
 
ここで終了せず、違ったバージョンも撮ってみることに。
突然、右の男性が釣具の交換でしゃがみこんだので
女性ひとりになった瞬間を狙う。
 
出来上がった二枚の写真を見比べて
女性ひとりの方が”情感”があるので、こちらを選んだ。
点景の在り方次第で、写真のニュアンスも違ってくる。
  
1288240309p
■小戸公園 2003年9月■
 
雨上がりの「秋分の日」、小戸公園の西岸に出て雲を
狙っていた。日が沈んだ後は、また違った表情の雲が
広がって釣り人のシルエットを点景に狙った。静寂で
幻想的なその空間が、詩的な美しさを感じさせていた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.22

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 5」
 
 
1191130208x
 
夏の日差しの中を雲が泳いでいた。
橋の街灯をアクセントに遠くの街並みと
構成してみたが…どこか印象が弱かった。
 
少し違ったアングルを、と模索している時、
街灯と太陽を重ねてみることを思いついた。
 
街灯を画面の中央にもってきて
街並みをギリギリまでカットして構成する。
また、わずかに光が漏れ出すような角度で狙ってみる。
 
街灯のインパクトと雲の臨場感が出て
印象強い写真になった。
 
1191220208p
■中州 2002年8月■
 
8月の突き刺さるような日差しの下、天神方面で
撮影していた。雲は梅雨明け時に見るような形を
していて、そのまま中州の「福博であい橋」へ出る。
街灯と太陽を重ねて、ダイナミックな表情を狙った。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RDPⅢ >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.21

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 4」
 
 
1393160411x
 
小戸公園の北岸にある標識。
雲が流れていたので、そのままの景色を撮影する。
しかし…雲をうまく引き立てなかった。

そこで今度は、雲と影だけで狙ってみることに。

前に出て標識を画面から外し、ローアングルで
遠くの景色を(堤防で)隠して構成する。 
また、影の伸び方もアングルを変えながら調整した。
 
シンプルな構成にしたら、
雲と影のデザイン的な美しさが表現された。
 
1395220411r
■小戸公園 2004年11月■
 
秋の雲が流れて、北側の堤防に三角形の標識の影が
落ちるのを思い出して向かった。雲と影がいい構図に
なっていて、どこかシュールな世界観を感じさせていた。
現在は落書きが多くて同じイメージでは撮れなくなった。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1993年:作品 | 1994年:作品 | 1995年:Best Shot | 1995年:作品 | 1996年:Best Shot | 1996年:作品 | 1997年:Best Shot | 1997年:作品 | 1998年:Best Shot | 1998年:作品 | 1999年:Best Shot | 1999年:作品 | 2000年:Best Shot | 2000年:作品 | 2001年:Best Shot | 2001年:作品 | 2002年:Best Shot | 2002年:作品 | 2003年:Best Shot | 2003年:作品 | 2004年:Best Shot | 2004年:作品 | 2005年:Best Shot | 2005年:作品 | 2006年:Best Shot | 2006年:作品 | 2007年:Best Shot | 2007年:作品 | 2008年:Best Shot 1 | 2008年:Best Shot 2 | 2008年:作品 | 2009年:Best Shot | 2009年:作品 | 2010年:Best Shot | 2010年:作品 | 2011年:Best Shot 1 | 2011年:Best Shot 2 | 2011年:作品 | 2012年:Best Shot 1 | 2012年:Best Shot 2 | 2012年:作品 | 2013年:Best Shot 1 | 2013年:Best Shot 2 | 2013年:作品 | 2014年:Best Shot 1 | 2014年:Best Shot 2 | 2014年:Best Shot 3 | 2014年:作品 | 2015年:Best Shot 1 | 2015年:Best Shot 2 | 2015年:Best Shot 3 | 2015年:Best Shot 4 | 2015年:Best Shot 5 | 2015年:作品 | 2016年:作品 | お知らせ | ちょっと余興で | 撮影テクニック | 撮影テクニック:Part 1 | 撮影テクニック:Part 2 | 撮影テクニック:Part 3 | 撮影テクニック:Part 4 | 撮影日記 | 日記・コラム・つぶやき | 桜の情景 | 雲日記 | 魚眼の夜 | 魚眼の夜:Best Shot | 魚眼レンズ:Best Shot 1 | 魚眼レンズ:Best Shot 2 | 魚眼レンズ:Best Shot 3 | 魚眼レンズ:Best Shot 4 | 魚眼レンズ:Best Shot 5 | 魚眼レンズ:Best Shot 6 | 魚眼レンズ:Best Shot 7 | 魚眼レンズ:Best Shot 8 | 魚眼レンズ:作品