撮影テクニック Vol.10

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 2」
 
1976011207x
 
夏雲が広がって駐車場で点景を探す。
工房にあるヨットと駐車場の車をポイントに構成した。
 
雲との大きさが比較できる写真になったが、
少しインパクトが弱いと思った。
点景を車だけに絞って、違うアングルを探してみる。
 
駐車場のラインの奥行きを生かして
視線の流れを、白線→車→雲へと導く構図で狙う。
インパクトある写真になった。
  
1976021207p
■小戸ヨットハーバー 2012年7月■
   
7月中旬。台風が接近中だと天気予報で言っていたが、
晴れて雲が次々と浮かんできた。小戸ヨットハーバーの
駐車場に出ると、ダイナミックな雲がふと「梅雨明け」を
感じさせた。中央に車を構えてスケール感を出してみた。 
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.9

撮影のテクニック 「アングルを工夫する 1」
 
0548199608x
 
海岸に出ると、男性と監視員が話をしていた。
そのままストレートに撮影したが、
見慣れた海辺の景色、でしかなかった。
 
主題を「雲、パラソル、人物」だけに絞ろうと
後ろに下がって、ローアングルから
見上げるような角度で狙ってみる。
 
周りの不要な景色を外して、主題だけを生かす。
シンプルで印象的な作品となった。
  
0548229608p
■シーサイド百道海浜公園 1996年8月■
 
真夏の海浜公園に出ると、ひとりの男性が
監視員に何かを尋ねていた。その二人の姿が
浮かぶ雲と絶妙なバランスになっていた。
 
 
< MINOLTA α-9000 / AF 24-50mm / RDPⅡ >
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.8

撮影のテクニック 「主題を絞る」
 
1525230607x
 
入道雲が現れて観月橋を点景に構成する。
水面には雲が映り込んでいたので
全景を撮影したが…雲が迫力不足となった。
 
よく見ると、雲の中に虹が出ていた。
そこで主題を"入道雲、橋、虹"に絞ってみる。
 
水面の雲の映りこみを入れずに構成すると、
引き締まった感じの写真になった。
見せたい部分(主題)を絞って、インパクトを出してみる。
 
1525220607p
■大濠公園 2006年7月■
 
梅雨明け直後は”雲の撮影”において大切な時期の
ひとつ。降り続いた雨の後は、綺麗な空(雲)が期待
できる瞬間。大濠公園で入道雲が立ち上がっていて
中には虹が出ていた。観月橋と美しい情景になった。
  
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.7

撮影のテクニック 「前景 - 絵になる部分を生かす」
 
1545210609x
 
工事壁の向こうに雲が浮かんでいて
壁とクレーンでシンプルに構成してみる…が
単調な写真になった。
 
見渡すと電話番号が書かれている部分があったので
そこまで移動してカメラを構える。雲が流れて来ると
デザイン的な面白さが見えてきた。
 
同じ前景でも、絵になる部分を探してみると
見違えるような情景になる。
  
1545170609p
■百道浜 2006年9月■
 
「よかトピア」から続いていた西部ガスミュージアムが
閉館して、その跡地に老人ホームが建設されていた。
工事の壁と雲がいい構図になっているのに気づいて
狙ってみる。数字がデザイン的な美しさを見せていた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.6

 撮影のテクニック 「前景を絞り込む 1
 
0934029908x
 
造船所のドックに漁船が並んでいて、
それらを前景に筋雲を狙ってみたが…
どこか散漫な写真になった。
 
そこで絵になりそうな船を一艘だけ選んで
もっと大胆に前景として捉えてみる。
 
写真がシンプルになって
雲の形の面白さも生かされ、迫力ある写真になった。
 
0933359908p
■姪浜漁港 1999年8月■
 
不思議な筋雲が広がって、造船所まで行ってみる。
ドックには漁船とは思えないような、奇抜な色合い
をした船が整備中で、動き出すような雲と構成する。
「タイタニック21」という船の名前もユニークだった。
 
< MINOLTA α-507si / AF 20mm / RDPⅡ >
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.5

撮影のテクニック 「前景の捉え方」
 
0325369308p
 
雲の合間から光が差していて
ベンチに座っている男性がいい点景になっていた。

そのままを撮影してみるが 
男性の存在が一番印象強いものになってしまった。
(点景というより、主役のようになった)
 
さらに前に踏み込んで、街路樹を外して
男性を中央からずらして撮影してみる。
 
雲の輝きと、それを眺める男性が印象的な「雲の情景」になった。
 
0325359308p
■大濠公園 1993年8月■
 
雨上がりの夕暮れ、大濠公園に立ち寄ってみる。
雲の合間から洩れ出る光と水面の模様が美しく、
遠くを眺める男性がいい点景になっていた。遥か
彼方に見える福岡タワーが神秘的に見えてきた。
 
< CONTAX T2 / Sonnar 38mm / RVP 50 >
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.4

撮影のテクニック 「前景を外してみる」
 
 ※前回の「前景を入れてみる」とは逆の手法。
 
1819210911x
 
マリノアの観覧車乗り場の前で、
「雲と壁と影」で構成してみる。
 
壁は通路の天井、影は観覧車の支柱、と
状況をわかりやすいように狙ったが、
かえって雑然とした写真になった。
 
写真はイメージだけでも楽しめるので、
状況説明がなくても作品として成立する。
 
手前に移動して、支柱を外し壁の下側をカット、
遠くの教会の塔をアクセントして狙ってみる。
幻想的で”イメージとして楽しめる”作品になった。
 
1819170911p
■マリノアシティ 2009年11月■
 
秋晴れの11月上旬、さわやかな空に雲がぽかりと
浮んでいて、マリノアシティの観覧車を撮りに向かう。
壁面には支柱の影が落ちていて、その遠くに教会の
塔が見えていた。ファンタジーな世界が広がっていた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 28-105mm / RVP 100 >
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.3

撮影のテクニック 「前景を入れてみる」
 
1521150607x
 
巨大な雲が現れて、遠くの街並みと構成するが…
雲の大きさが描けただけの写真になった。

すぐ前の遊歩道に人が立っていたので
その状況を前景として入れてみることに。
 
主役の雲は中央のまま、街並みを左側に寄せて、
遊歩道の点景(人物)が引き立つように構成する。
 
前景によって情景としての臨場感、奥行き感が出せた。
 
1521120607p
■マリナタウン海浜公園 2006年7月■
 
まだ梅雨は明けてないのに、夏を思わせる雲が出て
いた。午後に一旦雨が降ったが、夕暮れになったら
巨大な入道雲が出ていて驚いた。海浜公園に出ると
男性が雲を眺めていて”夏の景色”を感じさせていた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮影テクニック Vol.2

撮影のテクニック 「撮影アングル - 前景との狙い方」
 
0819309809x
 
筋雲を見かけてシーホーク・ホテルを前景に狙うが
どこか単調な写真になった。
 
そこでふたつの距離を縮めて、下からあおるような
アングルで狙おうと近寄って行く。
するとシーホークの迫力と雲の存在感が出てきた。
 
雲と前景の距離感をアングルの違いで調整する。
 
なお、移動しても”雲の大きさは変わらない”ことに注意。
(雲の大きさを変えるには、レンズの焦点距離を変える)
 
0819319809r
■シーホーク・ホテル&リゾート 1998年9月■ 
 
まだ夏の暑さを残す9月上旬、夕暮れに不思議な
雲が浮かんできた。シーホーク・ホテルにライトが
点灯していて、その側面には雲が映り込んでいた。
よかトピア橋で街灯を点景にユニークな姿を狙った。
 
< MINOLTA α-7700i / AF 20mm / RDPⅡ >
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮影テクニック

私は普段の撮影では様々な工夫をしていて
 印象に残るような作品を目指しています。
 
 今回、そんな撮影テクニックの一部を
 過去の作品を使って解説してみようと思います。
 ぜひ撮影の参考になれば、と思います。
 
 
 
撮影のテクニック 「撮影アングル - 目線の高さ」
 
1786050906x
 
夕焼けを眺める人々を前景にストレートに撮影する。
しかし人物が背景と混じってしまい、その印象がうすい。
 
人物が背景に埋もれないように、
ローアングル(目線の高さを下げて)から狙う。
なお、夕陽が手すりで隠れてしまわないように注意した。
 
1786040906p
■シーサイド百道海浜公園 2009年5月■
 
5月の「こどもの日」。雲は一日出てなかったが
日没直前になると、夕陽と同時に真っ赤な雲が
広がってきた。カップルたちはひたすら見とれて
いて、「雲の情景」として美しい影絵で狙ってみた。
  
< PENTAX MZ-S / FA 28-105mm / RVP 100 >
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1993年:作品 | 1994年:作品 | 1995年:作品 | 1996年:作品 | 1997年:Best Shot | 1997年:作品 | 1998年:Best Shot | 1998年:作品 | 1999年:Best Shot | 1999年:作品 | 2000年:Best Shot | 2000年:作品 | 2001年:Best Shot | 2001年:作品 | 2002年:Best Shot | 2002年:作品 | 2003年:Best Shot | 2003年:作品 | 2004年:Best Shot | 2004年:作品 | 2005年:Best Shot | 2005年:作品 | 2006年:Best Shot | 2006年:作品 | 2007年:Best Shot | 2007年:作品 | 2008年:Best Shot 1 | 2008年:Best Shot 2 | 2008年:作品 | 2009年:Best Shot | 2009年:作品 | 2010年:Best Shot | 2010年:作品 | 2011年:Best Shot 1 | 2011年:Best Shot 2 | 2011年:作品 | 2012年:Best Shot 1 | 2012年:Best Shot 2 | 2012年:作品 | 2013年:Best Shot 1 | 2013年:Best Shot 2 | 2013年:作品 | 2014年:Best Shot 1 | 2014年:Best Shot 2 | 2014年:Best Shot 3 | 2014年:作品 | 2015年:Best Shot 1 | 2015年:作品 | お知らせ | ちょっと余興で | 撮影テクニック | 撮影テクニック:Part 1 | 撮影テクニック:Part 2 | 撮影日記 | 日記・コラム・つぶやき | 桜の情景 | 雲日記 | 魚眼の夜 | 魚眼の夜:Best Shot | 魚眼レンズ:Best Shot 1 | 魚眼レンズ:Best Shot 2 | 魚眼レンズ:Best Shot 3 | 魚眼レンズ:Best Shot 4 | 魚眼レンズ:Best Shot 5 | 魚眼レンズ:Best Shot 6 | 魚眼レンズ:Best Shot 7 | 魚眼レンズ:作品