フィルム撮影について

「雲の情景」作品はすべてフィルムによる撮影です。
 
 
P1120208a
 

デジタル写真が当たり前の時代になりましたが、
 「雲の情景」の作品はすべてフィルムで撮影しています。
 ここで
その製作過程とコンセプトを説明したいと思います。
 
 私が撮影で使っているフィルムの種類は
 ”ポジフィルム”というもので、撮影後に
現像をすると
 
フィルム自体に被写体の色が忠実に再現されます。
 
P1120212a
 
▲こちらがフィルム現像上がりの原版(1本分)です。
 下から照明を当てると、画像が浮かび上がります。
 
P1120213f
 
▲アップで見るとこうなってます。
 別名、リバーサルフィルム、スライドフィルムとも呼ばれます。
 
P1120216a
 
▲この中から、イメージに合った写真を選んでカットしていきます。
 
P1120210a
 
▲コマの間を切って1枚の写真に
します(右上)。
 それをスライドマウント(プラスチックの枠)に入れます。 
 
このスライドマウントに入ったものが「雲の情景」の最終的な作品なのです
 
 

▼それらを集めて専用ファイルに保管しています。
 

P1120231a
 
▲ファイルに下から照明を当てると、美しい世界が浮き出てきます。
 デジタルとは違った輝きや透明感に不思議な魅力があります。
 
P1120234b
 
▲フィルム写真はデジタル写真と違ってコピーができません。 
 よって作成した写真は”世の中にひとつしかない”ということになります。
 その点がフィルム写真の素晴らしいところだと思っています。

 
P1120225c
 

「雲の情景」は”世の中にひとつしかない作品”を撮っていくこと、
  それらを”コレクションしていくこと”を目標にしています。

 
 
 甲斐 順一