« Noko Island / Fukuoka July 2018 | トップページ | 雲日記 No.595 »

雲日記 No.594

11月23日(金)
 P1180929
 
        今朝も冷え込んで12月頃の気温だという。正午頃、北の空を見ると
        フワリと雲が浮かんでいた。
 P1180931
 
        午後に友人とマリゾンで会うことに。ビーチハウスの前で見上げたら
        やしの木の間に雲が入っていた。
 P1180932
 
        友人を待つ間、周囲を見回したら女性が撮影しているのに気づいた。
        ちょうど背後に雲が浮かんでいて、そっと撮影する。
 P1180933
 
        まだ5時ちょっとなのに日没となる。室見川沿いから雲が色づくのを
        見ていたが、これがピークだった。
 

        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Noko Island / Fukuoka July 2018 | トップページ | 雲日記 No.595 »

コメント

椰子の木の間に挟まった雲の構図はほのぼのとして良い感じに見えます。

この日は晩も冷えて大気が引き締まっているように思いました。

藤原道長の有名な和歌から1000年目の満月ということを
日附が変わる直前くらいに気づきました。

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181121000167

投稿: GenunSai | 2018-11-24 14時11分

■はい、この日の晩はかなり冷え込みましたね。
 
 真夜中に明るさを感じて目が覚めたら、西の空に大きな満月が
 浮かんでいました。それほど強い月明かりでした。
 タイムリーなコメントありがとうございます。
 
 

投稿: J-kai | 2018-11-24 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Noko Island / Fukuoka July 2018 | トップページ | 雲日記 No.595 »