« 作品が紹介されています | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka September 2018 »

Kyushu Sangyo Univ. / Fukuoka August 2018

2155131808p
■九州産業大学 2018年8月■
 
猛暑の午後、友人に誘われて大学の企画展に
向かった。到着するなり、雲がどんどん広がって
自分は撮影に専念することに。駐輪場に出た時、
光と影の空間が美しい”雲の情景”を見せていた。
 

< PENTAX MZ-3 / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« 作品が紹介されています | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka September 2018 »

コメント

お久しぶりです。

行き会いの雲というには少し不足かもしれませんが、
種類の違う雲が共存して楽しい作品ですね。

今日九大に仕事に行く前に早く着きすぎたので、
東公園での2011/06の甲斐さんの作品を思い出して、
銅像に会いに寄り道しました。
 

投稿: GenunSai | 2018-11-19 18時24分

■こんばんは、GenunSaiさん。
 お久しぶりです。書き込みありがとうございます。
 
 おお、言われてみれば確かに「行き合いの空」になっていますね。
 この写真、画面上半分が柔らかい自然、下半分が硬い人工物という 
 ふたつの対比が出来たので面白いと思っています。
 
 「亀山上皇像」の写真、覚えていて下さって嬉しいですね。
 http://kumonojokei.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-5bff.html
 
 そういった”記憶に残る写真”って大事にしたいですね。
 またそのうち再チャレンジしたいなあと思っています。
 

投稿: J-kai | 2018-11-19 21時54分

いつのまにか7年も前の記憶になっていたのにも驚きました。

亀山上皇の像が雲を呼んだようにも思えるというキャプションも印象的でした。

そうかもしれませんし、同時に長年雲を撮り続けていらっしゃる
甲斐さんの念力も後押ししているんじゃないでしょうか⁉️

今回の九産大前でも・・・
 

投稿: GenunSai | 2018-11-19 23時17分

■引き続きコメントありがとうございます。
 
 ”念力”で呼び寄せるほどのパワー?はまだ持てないですね。
 雲を呼び寄せるというより「雲がいい瞬間を逃さない」ということに
 ウエイトを置いているつもりです。
 
 この写真もまさしく雲の表情次第、でした。
 それだけでもイメージがガラリと違っていたと思います。
 
 巨匠H.C.ブレッソンが
 「周りの景色が幾何学模様の中にピタリと
 おさまる瞬間がある。その一瞬を逃すな」と
 言っていたのを思い出します。
 
 まだまだ修行の道は遠いようです…
 

投稿: J-kai | 2018-11-20 00時19分

このコメントの趣旨は、『羽生マジック』と仲間内から
恐れられていた時代の将棋の方の羽生さんのコメントに
良く似ているなと思いました。さすがですね。
 

投稿: GenunSai | 2018-11-21 07時21分

■なるほどですね。ジャンルが違っていても、
 その道を極めた人って、同じような考え方を
 するものかもしれませんね。
 
 ちなみにH.C.ブレッソンって、「決定的瞬間」で有名な写真家です。
 個人的には構図にこだわりのある風景写真に感銘を受けています。
 

投稿: J-kai | 2018-11-21 21時35分

こんばんは。H.C.ブレッソンは自分でも調べてみました。
ご本人の自覚的には報道カメラマンなのに、芸術的に素晴らしい作品を
多数残されたようですね。

甲斐さんの”構図にこだわりのある風景写真”には深い共感を持ちます。

僕自身が細胞や組織の構図の見立てで食べている人間だからかもしれません(笑)

投稿: GenunSai | 2018-11-22 22時56分

■H.C.ブレッソンに関心をもっていただき、
 ありがとうございます。
 
 ブレッソンは一時期、写真をやめて画家をしていたようです。
 そのせいか構図に関しては異常なこだわりがあるようです。
 
 私はそんな作品作りにおいてのこだわり方に影響を受けました。
 構図の大切さはいつも実感しています。
 
 こうして作品や作家を通して共感できるっていいですね。
 

投稿: J-kai | 2018-11-23 00時18分

画家志望の時期があったのは、構図の構成に大きく影響を与えたことでしょうね。

このタイミングしかないという一瞬のチャンスをきちんと捉えた作品が多いなと
いくつか作品をネット上で見ていて思ったことでした。

投稿: GenunSai | 2018-11-24 14時45分

■そのとおりだと思います。
 聞いた話だと”幾何学模様”にこだわって、左右上下が
 逆に見えるファインダーを一時期使っていたそうです。
 
 やはり写真において構図はとても大事だということですね。
 
 

投稿: J-kai | 2018-11-24 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品が紹介されています | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka September 2018 »