« ホームページを更新しました | トップページ | フィルム撮影について(後編) »

フィルム撮影について(前編)

フィルム作品としての「雲の情景」

 
今回はフィルム撮影について、です。
 
P1120208a
 
■デジタル写真が当たり前の時代になりましたが、
 「雲の情景」の作品は全てフィルムで撮影しています。
 
今回、その主旨を説明したいと思います。
 
 まずはフィルムについて簡単に解説します。
 使用しているフィルムは「ポジフィルム」です。
 

 フィルム現像が上がると、フィルム自体(原版)に
 被写体の色がそのまま再現されているものです。
 
P1120212a
 
▲こちらがフィルム現像上がり(1本分)です。
 下から照明を当てると、画像が浮かび上がります。

 
 
P1120213f
 
▲アップで見るとこうなってます。
 別名、リバーサルフィルム、スライドフィルムとも呼ばれます。
 

P1120216a
 
▲この中から、イメージに合った写真を選んでいきます。
 
P1120210a

▲コマの間を切って1枚の写真にします。
 それをスライドマウント(プラスチックの枠)に入れます。
 
 

このスライドマウントに入れたものを”作品”としています。
 「雲の情景」として、これが最終的な完成形なのです。
 
 さらに、これを”コレクションしていくこと”が
 「雲の情景」の撮影コンセプトなのです。
 
 
 次回に続く
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« ホームページを更新しました | トップページ | フィルム撮影について(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームページを更新しました | トップページ | フィルム撮影について(後編) »