« ホームページを更新しました | トップページ | Marinatown / Fukuoka July 2016 »

撮影テクニック Vol.42

撮影のテクニック 「点景を待ってみる 3」   Review []
 
 
2079151607x
 
雲が太陽で照らされて、姪浜漁港で
その表情を狙っていた。光る海と構成してみたが…
なにかワンポイント欲しいところだった。
 
そこに偶然、ジョギング中のカップルがやってきた。
二人が重なって来ないように祈りつつ、
決定的瞬間にかけてみた。
 
人影が入ったことにより、写真に臨場感と
瞬間の面白さが描かれた。ちょっとした点景の
在り方で、写真のイメージも大きく変わる。
 
2079161607p
■姪浜漁港 2016年7月■
 
梅雨明け直後の7月中旬、夕方になるとまるで秋を
思わせるような雲が広がってきた。姪浜漁港に出て
漁船と雲で狙っていたら、ジョギング中のカップルが
偶然入ってきた。モノクロのような世界が美しかった。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« ホームページを更新しました | トップページ | Marinatown / Fukuoka July 2016 »

コメント

本当に人が入る、入らないで変わりますね!
写真なのに映像のように感じます。
想像が膨らむからでしょうか?
 
この、いいタイミングをジッと待ってる
甲斐さんの様子まで想像してしまいます。
 

投稿: にょま | 2016-11-22 01時22分

■はい、これも撮影する上で重要な要素のひとつだと思っています。
 
 単なる風景写真でもいいのですが、やはり人影などを入れる事によって
 その景色の臨場感、リアリティを出したいところですね。
 おっしゃるように、想像が膨らむような工夫をしています。
 
 実はこの時は2枚撮影したのですが、もう一枚は2人が重なっていました。
 それだけで瞬間としてのインパクトが弱くなってしまいます。
 
 ちなみにこのカップルは、撮影開始したらすぐにやってきました。
 二枚の雲の表情がほとんど変わってないのはそのためです。
 まさしく”運”なのかも知れませんねー
 

投稿: J-kai | 2016-11-22 01時58分

私の好きなコーナーです♪

点景を待つ・・
時間的に 待つことがないですが
いい写真を撮るには
忍耐も 必要?ですね(^^♪

投稿: うさ♪ | 2016-11-27 22時09分

■そう言っていただくと、記事のやりがいがありますね。
 
 点景を待つ、というのはそのイメージが先にないといけません。
 つまり「こうなったらいいな」という想像力も必要ですね。
 
 また点景に限らず、日が差すのを待つ、など撮影する上では
 待つことが多いと思います。やはり忍耐と根気が必要です。
 私の場合、無駄になることも多いのですが…それでも待ちますね。
 

投稿: J-kai | 2016-11-28 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームページを更新しました | トップページ | Marinatown / Fukuoka July 2016 »