« 雲日記 No.332 | トップページ | WEBサイト「雲の情景」10周年! »

雲日記 No.333

8月30日(火)
 P1100217  
        今日も不安定な空で朝の雨が上がると、どんどん雲が良くなってきた。
        すぐに出たいが…なかなか用事が済まず、窓から撮影した。
 P1100222  
        やっと時間が出来て愛宕浜へ出る。リベーラガーデンのヤシの木を
        前景に狙った時、眩しい夏の日差しが突き刺さった。
 P1100221  
        こちらは東の空。福岡タワーが小さく見えていて、雲のスケール感が
        感じられるショットになった。
 P1100219  
        駐車場にあった車を前景に思いつく。そのままストレートに狙うと…
        ただの平凡な写真になってしまう。
 P1100220  
        流れる雲に合わせてアングルを工夫すると、まさしく”雲の情景”が
        現れる。同じ状況でも、撮影次第で印象が異なってくる。
 P1100223  
        風が強く雲がどんどん変化していった。こういう時は動画で撮影して、
        早送りして見ると面白いかも、と思った。
 P1100225  
        マリノアシティに出ると看板と雲がいい構図になっていた。撮影して
        いたら…どんどん空が曇ってきて影が広がった。
 P1100226  
        マリノアショップが無くなり駐車場になっていた。日が陰っている中、
        矢印と車をポイントに雲との構図を模索してみた。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.332 | トップページ | WEBサイト「雲の情景」10周年! »

コメント

台風の影響か空はどこまでも青く、浮かんでいる雲は表情豊かで、
まるで生き物のように上空を漂っていますね。

台風が、大気汚染物質などをきれいさっぱり洗い落としてくれた
おかげでしょうか。

不謹慎ではありますが、台風がやって来ると多少のワクワクした
気持ちが生まれてしまいます。そして、その通過後の空の表情に
期待してしまうのです。

ぷかぷかと漂っている、面白い形をした雲を一日中、ボーと
眺めてみたいですね。今時の子供たちは下を向いてスマホの
ゲームに取り付かれているみたいですが。世界中どこにいても、
誰でも、空を見上げれは゛雲が見れるということは、実は
すばらしいことなのかもしれません。

昨日、キャナルで映画ゴジラを見たせいかもしれませんが、
自然環境の破壊が進んでいることを危惧してしまいます。
小さい男が大きなことを語ってしまいましたが。

投稿: フジセ | 2016-08-31 19時18分

台風10号の影響からか、雨の日が続きましたが秋空のように
雲が流れて日差しが和らぎ、写真日和の日が続いてますね。

フジセさんがおっしゃるように、まるで、台風が色々な物を
洗い落としてくれているようですね。

出掛ける時はなんとなく空を見上げて、絵になる風景を探して
しまいます。投稿で、同じ物(車)を違った角度で撮った例は、
大変参考になりました。ありがとうございます。

見ながら想像したのですが、頭が地面に着く位、低い位置から
撮っているのではないでしょうか?
体力的にも結構力が要るのではないでしょうか…?

投稿: coyote | 2016-08-31 20時25分

■フジセさん、コメントありがとうございます。
 
 ここ数日間、台風は直撃してないのに空がまるで別世界の
 ように綺麗になってましたね。おっしゃるように台風が空の
 チリやゴミ、大気汚染物質などを吹き飛ばしたのでしょうね。
 
 私もフジセさんと同じく、台風が近いとどこかワクワク?します。
 しかも接近する前日の夕方などは豪快な夕雲になるので、恐さよりも
 貴重なシャッターチャンスを逃したくない気持ちでハラハラします。
 
 今回台風は関東に上陸しましたが、ネットで見てみると
 やはり前日の夕雲は幻想的で美しいものだったようです。
 
 そうですね、空を見上げる大切さを感じていたいですね。
 特に若い世代などはゲームやTVばかりを見るのではなく、
 空や雲が見せるリアルなドラマの素晴らしさを感じて欲しいと思いますね。
 

投稿: J-kai | 2016-08-31 22時05分

■coyoteさん、まさしく同意見ですね。
 台風、嵐、そして雪の後などは空が驚くほどクリアーな時が多いです。
 それぐらい普段は空が汚れているということなのでしょう。
 
 そう、出掛ける時に”なんとなく空を見上げる”って素敵なことですね。
 自然と絵になる風景を探すなんて、カメラマン志向でいいですね。
 これをきっかけに写真(カメラ)を始めてみてはいかがでしょうか?
 
 ちなみに同じ車を違った角度で撮った例ですが、どちらも
 そんなに低いアングルではないです。片ひざを地面につけるぐらい、です。
 
 実は角度だけではなく、車との距離やレンズの画角も工夫しています。
 その場でのちょっとした工夫次第で絵になる…それはデジタルで後で
 加工するのとは意味合いが全く違うので、とても重要なことなんです。
 
 

投稿: J-kai | 2016-08-31 22時20分

駐車場の車とても参考になりました。
撮る角度によって全く違ってきますね。

こうやって比較することによって
素人の私もよく分かりました。

投稿: ばぁば | 2016-08-31 23時03分

■ばぁばさん、コメントありがとうございます。
 
 こうして写真を比較することによって、撮影のテクニックを
 わかりやすく書いているコーナーがあります。
 左のサイドバーの中の「撮影テクニックPart1~4」です。
 
 ただ残念ながらスマホでは表示されない?みたいです。
 PCでご覧ください。
 
 

投稿: J-kai | 2016-08-31 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/64132380

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.333:

« 雲日記 No.332 | トップページ | WEBサイト「雲の情景」10周年! »