« 雲日記 No.323 | トップページ | Momochihama / Fukuoka September 2002 »

雲日記 No.324

7月26日(火)
 P1090682  
        夜7時、昨日のことを踏まえて早めに姪浜漁港に出る。次第に雲が
        色づいて、夕陽とノートルダムマリノアを重ねて狙った。
 P1090684  
        徐々に雲が焼けてきたが、豪快さよりも鮮やかさが目を引いていた。
        影絵のクルーザーと電灯が点いた観覧車で構成してみる。
 P1090685  
        今日は二度目の夕焼けはなかった。帰り道、水面に移りこんだ色が
        幻想的で美しかった。デジタルでは余裕で撮影できた。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.323 | トップページ | Momochihama / Fukuoka September 2002 »

コメント

2度焼け雲にはならなかったものの昨日の夕空も素敵でしたね。

記事の2番目かそれより数分遅れくらいの空の写真を僕も残しています。
(証拠写真は省略します(笑))

アナログほどのコクのある表現ができないため作品にならないのは
残念ですが、素人でもかなりな良質の画像を、あまり準備もせず
手早く撮れるのは、デジタルの良さですね。

プロでもデジタルの良いところは積極的に取り入れて
いらっしゃることにも感銘を受けました。

投稿: GenunSai | 2016-07-27 21時13分

連日夕焼けが綺麗な日が続きますね。
色合い的には2枚目の写真が気に入っています。
3枚目の水面の色も、綺麗ですね!

投稿: coyote | 2016-07-27 21時19分

■GenunSaiさん、コメントありがとうございます。
 確かにおっしゃるとおりで、もはやデジタルカメラさえあれば
 誰でも気軽に高画質の写真が残せる時代になりました。
 
 一般の方にはこれほどラッキーなことはないけれど
 これまで苦労と経験だけで撮影してきた自分としては
 どこか納得いかない、そんなのでいいの?と思ってしまいます。
 
 友人には”考え方が古い”と笑われていますけど。
 
 今はもうフィルムの方がデジタルに勝る部分はゼロですね。
 ただ、被写体に向き合う姿勢?が違うだけかも知れません。
 あまりに暑いせいか、ちょっと脱線してしまいました…
 

投稿: J-kai | 2016-07-27 21時32分

■coyoteさん、ご感想ありがとうございます。
 
 そうですね、色合いの深さで言えば2枚目がベストなバランスでした。
 実に夏らしい色合いの雲だったと思います。
 
 3枚目はもうかなり暗かったので、フィルムでは手振れ限界で厳しい…
 そんな状況でした。デジタルでは楽勝で幻想的に仕上がっていました。
 
 悔しいけど、今はそういう時代なんですね。
 

投稿: J-kai | 2016-07-27 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/63971108

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.324:

« 雲日記 No.323 | トップページ | Momochihama / Fukuoka September 2002 »