« Oohori Park / Fukuoka December 1998 | トップページ | Hyatt R.Suites Fukuoka / Fukuoka May 1999 »

雲日記 No.320

7月20日(水)
 P1090629  
         夕暮れに空を見上げると、いつの間にかウロコ雲が広がっていた。
        慌てて準備、まずは家の前から狙ってみた。
 P1090630  
         姪浜漁港へ出ると、太陽を覆った雲が眩しく輝いていた。その表情は
        まるで”秋の空”を思わせていた。
 P1090631  
         マリナ大橋を渡っていると、雲が観覧車と絶妙な構図になっていた。
        すぐ横を過ぎる通行人も振り返って見ていた。
 P1090633  
         小戸ヨットハーバーまで出てみたが…思うような前景が見つからない。
        監視塔を点景にシンプルな構図で狙ってみた。
 P1090635  
         小戸公園に出ると手すりの下にノラ猫を見つけた。雲と狙いたいが、
        手すりの下からピクリとも動かないままだった。
 P1090634  
         公園北側の堤防で学生たちが話し込んでいた。日差しが強いので
        二人のシルエットが飛んで、夏らしい情景になった。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Oohori Park / Fukuoka December 1998 | トップページ | Hyatt R.Suites Fukuoka / Fukuoka May 1999 »

コメント

昨日の鱗雲は気づいてましたが、
夕方こんなに綺麗だったとは知りませんでした。

日暮れのグラデーションと鱗雲の組み合わせが綺麗ですね。
逆光のネコと鱗雲の組み合わせも、貴重ですね。
 

投稿: coyote | 2016-07-21 15時39分

■いつもご感想ありがとうございます。
 どうやら私が気づいた(18時)頃よりも、もっと前から出ていたそうです。
 普段から意識していても、ちょっとした隙に出ているものですね。
 
 この時、姪浜漁港で知り合いの写真愛好家とばったり
 会ったのですが、お話をする余裕もなくそれぞれの撮影アングルを探して
 別々に移動となりました。どんなのが撮れたのか…?気になります。
 
 ノラ猫はどこか肝が据わっていて、全然動いてくれませんでした。
 「そこがら出てきてくれないか?」とお願いしたのですが
 完全無視、デジカメを手すりの下に突っ込んで撮影しました。
 
 雲同様、こちらの思うようにはいかないものですね。
 

投稿: J-kai | 2016-07-21 21時01分

確か16時くらいに鱗雲を見た気がします。長い間出ていたんですね。
偶然お会いした方の写真も気になりますね。

ネコの写真は手すりが入っているのが残念ですが、
全く動かなかったお話は面白いです。
リアリティを感じます。

投稿: coyote | 2016-07-22 16時30分

■あ、16時ぐらいからでしたか…
 そうなると3時間近くも出ていたのですね。
 
 キャプションのとおりで、雲だけを見ると秋の表情をしていました。
 夕方からは蒸し暑さよりも涼しさを感じたのは、秋が近いのかも…
 
 知り合いの写真愛好家も(私の影響なのか?)時々雲の写真も
 撮っているようなので、どんなのが撮れたのか気になります。
 今度の個展でお会いできたら聞いてみるつもりです。
 
 ノラ猫はいい点景だったのに、思うようにいきませんでした。
 そうなんです、手すりさえなければ一歩引いたアングルでも
 狙えたのにと、雲が良かっただけに惜しいところでした。
 
 

投稿: J-kai | 2016-07-22 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/63943209

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.320:

« Oohori Park / Fukuoka December 1998 | トップページ | Hyatt R.Suites Fukuoka / Fukuoka May 1999 »