« 雲日記 No.317 | トップページ | 雲日記 No.319 »

雲日記 No.318

7月15日(金) vol.2
 P1090597a  
        昨日の続き。愛宕大橋から筋雲を眺めると、都市高速と川に落ちた
        橋の影が3方向のラインになっていて、面白いと思った。
 P1090590  
        赤坂で信号待ちをしていると、ビルの上に入道雲が現れている事に
        気づいた。まわりの視線も気にせず、デザイン的な構図で狙う。
 P1090598a  
        午後3時ぐらいから南の空に大きな筋雲が広がった。マリナタウンの
        遊歩道で、ヤシの木とのユニークなアングルを見つけた。
 P1090594  
        姪浜漁港まで出てみるが…思うような前景が見つからず。その時、
        軽トラックを点景に漁港らしさを描いてみようと思った。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.317 | トップページ | 雲日記 No.319 »

コメント

そういえば、最近はPM2.5のかすみはないような気がします。
低い位置の筋雲はこの季節特有のものなんてしょうか?

姪浜漁港は行ったことありませんが、伊崎の漁港は
鉄の錆びた具合がいい感じの雰囲気があります。

田舎の漁港によくある、ほったて小屋はありませんが、
大都会の中で、一次産業の営みが見られるのも感慨深いものがあります。

レジャー施設のマリゾンと生活感のある漁港。上を見れば、
ドームやタワーが見え、全てが凝縮されてますね。
百道付近は素晴らしいところです。

投稿: フジセ | 2016-07-17 01時20分

■そうですね。PM2.5も頻繁にやってくる豪雨でスッキリと
 洗い落とされている?のかも知れませんね。
 
 今年の梅雨はいろんな雲が出ていて、珍しい方だと思います。
 何よりも梅雨明けのような雲が何度も出ているのが、どうも不思議です。
 降水量が平年以上というのも影響しているのかも知れませんね。
 
 伊崎漁港はよく撮影に出ていますので、おっしゃっている意味がわかります。
 近代的な環境でありながら、生活感はしっかりと残されていて
 何度撮影に行っても飽きないような面白さがありますね。
 
 いろんな要素を凝縮しているような、魅力的な場所です。
 もちろん雲を狙うには最適な場所だと思っています。
 

投稿: J-kai | 2016-07-17 01時55分

フジセさんと甲斐さんの、伊崎漁港と姪浜漁港のお話、楽しく拝見いたしました。
自転車での移動だからこそ、写真が思い切り撮れるのでしょう。

投稿: coyote | 2016-07-19 09時47分

■今、やっと梅雨が明けてこの記事を見直してみると、
 この時に出ていた雲こそが例年で言うところの
 「梅雨明けの雲」だったのかも…と思いますね。
 
 梅雨明けしたとたんに、うすい空が続いているので
 なおさらそう思います。なかなか見極めが難しいですね。
 
 伊崎漁港、姪浜漁港、どちらもよく撮影に出ますが
 それぞれの良さがあります。ただ夕陽を狙うには姪浜漁港の方が
 マリノアシティまで望めるので若干有利かも知れませんね。
 
 もちろんどちらも自転車が必須のアイテムです。
 

投稿: J-kai | 2016-07-19 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/63923513

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.318:

« 雲日記 No.317 | トップページ | 雲日記 No.319 »