« 雲日記 No.313 | トップページ | 雲日記 No.315 »

雲日記 No.314

7月5日(火)
 P1090482  
        今日もまた梅雨明けのような雲が出ていた。この数年で考えてみると、
        この時期にここまで雲が続けて出るのは珍しい気がする。
 P1090483  
        マリナタウンにある歯科の前を通った時、駐車場の車が目を引いた。
        雲と狙ったら、外国のような景色が広がった。
 P1090484  
        小戸ヨットハーバーの駐車場まで行ってみる。並んだ雲がイラストの
        ように見えてきて、ユニークな空間になった。
 P1090485d  
        ヨットハーバーの本部を見ると、その上空に面白い雲が浮かんでいた。
        シンプルに構成してみる。
 P1090487  
        まだ雲はいいのに…今日も用事で帰宅することに。マリナ大橋から
        東の空を見ると、吸い込まれていくような感じがした。
 P1090488  
        夕方5時頃、雲が光っていたので家の前で撮影する。このまま撮影に
        出たいところだが…次の用事でお預けに。
 P1090489  
        戻っていると北西の空に入道雲が出ていた。近所の家の「風見鶏」を
        思い出して撮影。用事が終わって出ようとしたら…もう曇っていた。
 P1090499a  
        曇り空のままで暮れていった。夕飯を食べていると突然、西の空が
        赤くなって慌てて飛び出す。一部に影の筋がある夕雲だった、
 P1090500  
        やがて影の角度が変わっていった。撮影していると、通りがかりの
        学生も私につられて?携帯で撮影していた。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.313 | トップページ | 雲日記 No.315 »

コメント

最後の2枚は、時間の経過による夕日の色彩の変化を興味深く拝見しました。
1枚目から2枚目の色へ変化するとは、意外でした。
写真を撮るのは、時間との戦いでもあるんですね。
 
ところで、夕雲に筋が通っていたのは何故でしょうか…!?よく見ますか!?
 

投稿: coyote | 2016-07-06 12時13分

■夕焼けは時間と共に暗くなって、全体の色合いが変わっていくのと
 雲の赤い部分の明るさの変化が、背景の空の色合いにまで影響したりと
 様々な要因が関係すると思います。その不確定さが面白いですよね。
 
 夕雲の中に筋が入るのは珍しいのですが、今まで何回か見てきました。
 私の作品の中でうまく撮れたのは2000年の一枚です。
 http://kumonojokei.o.oo7.jp/P1004190007.html
 
 以前、TV番組でやっていましたが、どうやら”山”の頂の影が
 投影されている、とのことでした。今回はそうだったのかは
 わかりませんが、確かにその方角に島や山があるみたいです。
 
 

投稿: J-kai | 2016-07-06 17時06分

夕雲だから、色の関係で、筋が見えやすいのでしょうね。
普段の景色でこういう雲が見れるのは、貴重ですね。
また、先日イギリスWebサイトに載った写真の事も思い出しました。

投稿: coyote | 2016-07-15 16時47分

■そうですね、夕陽…つまり太陽の角度が低いのでこの現象が
 起きているわけで、もし昼間だと(太陽の角度が高いので)
 このような現象は出ないと思います。
 
 イギリスのサイトに掲載された写真、覚えてくださっていたようですね。
 ありがとうございます。あちらは夕陽とは真逆の光でしたが、
 幻想的なイメージとしては近いものがありますね。
 
 そういう意味でも空、雲って面白いですよね。
 

投稿: J-kai | 2016-07-15 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/63874216

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.314:

« 雲日記 No.313 | トップページ | 雲日記 No.315 »