« Aratsu / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.308 »

作品が紹介されています

Cas40d
作品掲載中
 
 雲の写真を公開しているイギリスのWEBサイト
 「Cloud Appreciation Society」
(雲を愛でる会)
 フォトギャラリーに私の作品が紹介されました。
 
 画面右の「CLOUD PHOTO GALLERY」の中です
 http://cloudappreciationsociety.org/
 
 
 

 掲載作品はこちらです
 https://cloudappreciationsociety.org/gallery/photo/photo-n-149293/


Cas40c

 「A sunset with crepuscular Rays over Marinatown Seaside Park , Japan.
 

 ”日没の薄明光線、マリナタウン海浜公園にて
 
 
 
 なお、私の過去の採用作品一覧はこちらです。
 

 
 ぜひご覧ください

 

 
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Aratsu / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.308 »

コメント

筋状に広がる光と道と海の雰囲気が、日本の空気を感じさせず、
上質で構図が素晴らしく、空気感もいいですね!!
外国の雲の作品とも、とてもマッチしてます。
 
オーストラリアの雲がとても綺麗で、目を引きつけられました。
世界の空はこんなに様々な表情があるのだと、楽しくなりました。
 

投稿: coyote | 2016-06-29 13時54分

■coyoteさん、ご感想ありがとうございます。
 そうですね~このような光の状態はとても珍しいと思います。
 
 というのも、これは夕陽の方角(西の空)ではなく、東の空でして
 夕陽と間逆なのに放射状の光が出ていたのです。
 http://kumonojokei.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-0d73-1.html
 
 はい、海外の雲は日本ではとても見られないような様々な
 バリエーションがあって、とにかくうらやましい!限りです。
 
 そういう意味で雲の表情ではとてもかないませんが、
 ロケーションの面白さで勝負して?いきたいと思っています。
 

投稿: J-kai | 2016-06-29 16時38分

驚きました!夕日ではなく、東の空、なんですね!
とても珍しい写真なんですね!!
以前の投稿の他の方のコメントも拝見しました。
かなり短い間にしか見れない現象だったそうで…貴重ですね!

投稿: coyote | 2016-06-30 16時08分

■理解していただいたようでよかったです。
 この時は撮影した私自身、とてもビックリしました。
  
 こういうのは後光とは言えないし…それとも何か言い方があるのか??
 雲のサイトに応募する際、説明書きをどうつけたらいいのか悩みました。
 
 結局、サイトの中で同じような現象の写真を探してみたところ
 Crepuscular Raysとあったので、同じようにつけてみました。
 和訳:薄明光線、と言ってもピンとこない感じですね。
 
 

投稿: J-kai | 2016-06-30 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作品が紹介されています:

« Aratsu / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.308 »