« Marizon / Fukuoka August 1996 | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka August 1996 »

Marizon / Fukuoka September 1996

0562139609p
■マリゾン 1996年9月■
 
夕暮れのマリゾン。遊歩道には結婚式の帰りなのか、
たくさん人が集まっていた。街灯を点景にシンプルな
影絵の構図で狙ったら、ドラマチックな情景になった。
 
 
< MINOLTA α-9000 / AF 70-210mm / RDPⅡ >
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Marizon / Fukuoka August 1996 | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka August 1996 »

コメント

この画面の中から人々のシルエットをすべて取り去ったら・・・・と想像してみると、
人影の効果が実感できますね。

人物の要素がなかった昨日ご紹介の作品とその意味では全く対照的ですね。

投稿: GenunSai | 2016-06-08 15時00分

■ご感想ありがとうございます。
 
 なぜだかボツにしていた写真ですが、今改めて見直すと
 夕暮れの臨場感が出ているような気がしてアップしてみました。
 
 20年も経つと見方も変わるのかも知れませんね。
 どうしても主観的なので、時間が必要なんでしょうね。
 

投稿: J-kai | 2016-06-08 19時23分

作品自体は変わらないのに・・・不思議ですね。

好みは主観的な要素もありますが、そこに注ぎ込まれた技術は確固たるものが
あるという証明でもあるでしょう。

背景の空の色相や明度の違いによっても大きく印象が変わりそうな一葉だと思いました。

投稿: GenunSai | 2016-06-09 12時39分

■そうですねー
 主観的な見方も長い時間で客観的な見方になるので、
 同じ写真でも以前とは違うような印象に感じるのでしょう。
 
 撮影した本人がその違いを認識できるのですから、写真って面白いですよね。
 

投稿: J-kai | 2016-06-09 16時12分

> 撮影した本人がその違いを認識できるのですから、写真って面白い

# 普通は自分の姿を(鏡などのツールを使わなければ)認識できないのと
 同じようになりそうですものね。

 振り返り可能な、客観性の高い記録の真骨頂ですね。

 プロでも主観の要素が這入り込むという点にも、興味深さを感じました。
 

投稿: GenunSai | 2016-06-10 13時45分

■私は依頼に合わせて撮影するカメラマンではないので
 (フォトグラファー)なので、できるだけ主観や個性を織り込んで撮影します。
 
 そして、そんな部分に共感していただくのが喜びでもありますね。
 特に写真展などでは実感します。
 

投稿: J-kai | 2016-06-10 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marizon / Fukuoka September 1996:

« Marizon / Fukuoka August 1996 | トップページ | Momochi S.Park / Fukuoka August 1996 »