« Hawks Town / Fukuoka March 2002 | トップページ | Marinoa City / Fukuoka August 2012 »

雲日記 No.301

4月18日(月)
 P1090163  
        一日曇り空で雑用に追われていた。夕飯中、西の空が赤くなってきて
        慌てて外に出る。マリナタウンの街並みから色づく雲が見えた。
 P1090165  
        予想以上に雲が真っ赤になってきて、マリナタウンの中を歩き回った。
        春という季節にしては珍しいほどの色合いだと思った。
 P1090167  
        遠くにヤシの木が見えて、燃えるような雲と狙った。街並みが影絵に
        なると、まるで外国にいるような錯覚がした。
  
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Hawks Town / Fukuoka March 2002 | トップページ | Marinoa City / Fukuoka August 2012 »

コメント

昨日=18日月曜日は久しぶりに印象的な夕焼けでしたね。

かなり彩度が落ちてしまってから、職場の窓から眺めて気づき、
『あっ、これはもう少し早ければ、見事な茜空だったろうな!?
一番良いところを見逃してしまった』と心残りに思っていましたので、

甲斐さんが採り上げてくださり、とても喜んでいます。

投稿: GenunSai | 2016-04-19 14時06分

■GenunSaiさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
 そうでしたか!昨日の夕焼け雲によく気づかれましたね。
 
 写真のキャプションには書いてないのですが、上の写真から
 一番下の写真までの時間はわずかに5分間なんです。 
 おそらく前後を考えても、10分もなかった夕焼けだったのでは?と思います。
 
 春という時期にしては珍しい表情をした雲だったので、
 そういう意味でもとても貴重なチャンスでした。
 こうして見ていただいて、撮影できて良かったなあと思います。
 

投稿: J-kai | 2016-04-19 14時36分

逆に(笑)そうでしたか!!
てっきり1時間とまではもうしませんが、30分くらいは続いた
夕焼けの残り香を見ていたのだとばかり。

職場の自室の窓は東向きですが、デスクワークに一段落つけて
廊下に出た時に、自然と西側の窓から外を覗くことになり気づきました。

その後、熊本でしたか、被災地の写真でも見事な夕焼け空が
ネット上で出ていましたので、少なくとも九州圏は広く観察された
見事な夕空だったのだなと思った次第です。

投稿: GenunSai | 2016-04-20 11時09分

■再びコメントありがとうございます。
 
 私が気づいて見た限りでは、夕焼けのピークは5分ぐらいだったので 
 おそらく10分ぐらいではないか?と思います。ダイナミックな雲でした。
 
 そうですか、熊本方面でも夕焼け雲が出たのですね。
 こちらとはまた 違った表情をした美しい雲だったのでしょうね。
 

投稿: J-kai | 2016-04-20 17時31分

甲斐さんから指摘されて、同じ日の夕焼けでも土地によって
表情が違う(その土地固有の風景を除外して、空だけを見ても)
だろうなと思いを新たにしました。

残念ながら、私が見たのと同じ画像は探し出せませんでしたが、
リンクの画像のように明るめで、しかし黄色より赤が基調の画像でした。

http://simplog.jp/pub/25503900/10

投稿: GenunSai | 2016-04-21 08時51分

■そうなんです。
 同じ市内でも高度が低い雲などは表情が微妙に違っているようです。
 
 リンクのお知らせありがとうございます。画像見ました。
 確かに色合いも似ていてダイナミックな夕焼け雲だったようですね。
 このように雲が綺麗な日ってもっと大事にしたいですね。
 

投稿: J-kai | 2016-04-21 16時22分

高度の低い雲の見え方にバリエーションが付きやすいのは、工学的にも理に敵っていますね。

> このように雲が綺麗な日ってもっと大事にしたいですね。

# はい、同感です。
1つ1つ丁寧に掬い取っていくイメージですか!?

投稿: GenunSai | 2016-04-21 21時15分

■そうですねーいつか場所が離れているいくつかの地点から
 同じ雲を狙ったら面白いのだろうなあと思います。
 
 確かに雲の写真って”掬い取って”という感じでしょうか。
 こちらの希望通りにならないからこそチャンスは貴重ですね。
 

投稿: J-kai | 2016-04-21 22時09分

金魚掬いよりはるかに難しいですね。

鮮度勝負の生ものって感じがします。

甲斐さんとやり取りを重ねる中で、そういう思いはさらに深まってきています。

投稿: GenunSai | 2016-04-21 22時49分

■コメントありがとうございます。
 
 鮮度を保ちながらも新作づくりに向き合いたいと思っています。
 

投稿: J-kai | 2016-04-22 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/63504803

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.301:

« Hawks Town / Fukuoka March 2002 | トップページ | Marinoa City / Fukuoka August 2012 »