« Marinatown S.Park / Fukuoka July 2015 | トップページ | 撮影テクニック Vol.17 »

雲日記 No.242

8月13日(木)
 
P1070664  
        朝から雨が降っていたが、夕方には晴れてきた。夕焼け雲の予感が
        するので百道浜へ向かう。愛宕大橋で入道雲が色づいていた。
 
P1070665  
        福岡タワー前で南の空を見ると筋雲が浮かんでいた。立体駐車場の
        風レンズ風車を点景に狙うと、秋のような情景が見えてきた。
 
P1070666  
        日没をなぎさ橋から望む。昨日からの雨の影響なのか、風はどこか
        涼しさが感じられた。夏らしい雲は撮れないままで終わるのか…
 
P1070667  
        日没してしばらくすると雲が赤く染まってきた。それはすでに夏という
        よりも、秋の表情をしていると思った。
 
P1070668  
        街灯の上にカモメが止まっていた。デジタルでは綺麗に撮影できたが
        フィルムでは光量不足で厳しかった。表現域の差を実感する。
 
        < Panasonic DMC-LX5 >
 
 
        にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« Marinatown S.Park / Fukuoka July 2015 | トップページ | 撮影テクニック Vol.17 »

コメント

夏らしい雲は撮れず・・・ですか。
残念ですね。

各地で今年は季節の進みが前倒しって声を聞きますが、どうやら本当のようですね。

下の2つの作品からは、火の鳥(フェニックス)が大きく翼を拡げているみたいな
イメージの連想をしました。

投稿: GenunSai | 2015-08-14 10時57分

■ご感想ありがとうございます。
 
 去年もそうでしたが、夏らしい雲をほとんど見かけないままで
 今年も季節が終わってしまう…のを感じています。
 
 小さな入道雲は時々見ましたが、ため息がでるような
 豪快な入道雲、今年はまだ出ていないようです。
 まだ8月中旬なので諦めずに見守りたいところです。
 
 昨日の夕雲は一気に色づいて慌てました。もう少し明るければ
 フィルムでも、もっといい写真が撮れたのに…と少し残念でした。
  

投稿: J-kai | 2015-08-14 11時54分

自転車を前景に、雄大な入道雲の作品は夏になると
必ず思い出す見事な作品です。

雲との出逢い方もご縁の妙がありますね。
絶好のタイミングで出逢う製作意欲をそそる雲というのは、
相思相愛のいい出逢いですね。

投稿: GenunSai | 2015-08-14 19時44分

■ご感想ありがとうございます。
 
 私の作品をそうして思い出していただけるとは嬉しいですね。
 「自転車と入道雲の写真」と言えばおそらくこちらでしょう
 こういう雲が今年はなかなか出ません…
 http://kumonojokei.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-07ce.html
 
 
 雲との出会いですが、実はなかなか思うようにはいかないのです。
 相手はこちらの事情にお構いなし、しかも気まぐれなので、合わせるのが
 難しいですね。たくさんの無駄の上に出会う運をもらうような感じでしょうか。
 
 ただ、想像を超えた姿を見せられたときの喜びはひとしおです。
 

投稿: J-kai | 2015-08-14 22時18分

まさしくその作品です。
もう3年も前の作品になるのかと、時の流れの意外な速さに驚いています。

雲だけでなく、自転車が入っているのが実に憎い効果をあげていると感じるのです。

想像以上の出逢いは、相手が気まぐれなだけに感動も大きいはずですね。

投稿: GenunSai | 2015-08-15 11時55分

■コメントありがとうございます。
 やはりあの写真だったのですね。当時、掲載してすぐに
 ご感想をいただいていたので、はっと思い出しました。
 
 そんな風に印象に残っている写真っていいなあと思います。
 使い捨てではない、いつまでも思い出していただけるような
 作品を撮っていきたいですね。
 

投稿: J-kai | 2015-08-15 16時24分

甲斐さんの作品集を家族で眺めて、それぞれのベスト3が
違ってくることを面白いと思ったことがあります。

同じ作者の作品群でも、鑑賞者によって
それぞれ思い出す作品って違ってくるのでしょうね。

投稿: GenunSai | 2015-08-17 00時19分

■はい、以前にそう話されていたのを覚えています。
 
 ひとつの作品にみんなが集中するのもありがたいのですが、
 あまり評価を受けなかった写真を気に入ってもらえるのも
 作家としては嬉しいものです。
 
 そう考えると、発表していないままの(ボツ)作品の中にも
 そういう要素の写真がたくさんあるのかも知れません。
 
 もったいないことをしているのかも…と考えたりしますが、
 第三者?のような編集者でも入らないと発掘は難しそうです。
 

投稿: J-kai | 2015-08-17 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/62076995

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.242:

« Marinatown S.Park / Fukuoka July 2015 | トップページ | 撮影テクニック Vol.17 »