« ホームページを更新しました | トップページ | 雲日記 No.225 »

Atago / Fukuoka March 2015

2054121503p
■愛宕 2015年3月■
 
深い青空に雲が浮かんでいて、久しぶりに愛宕へ
撮影に出る。駐車場で洗練されたデザインの車が
目に留まって、前景に狙う。流れ行くひとつの雲と
シンプルに構成するとシュールな世界が広がった。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« ホームページを更新しました | トップページ | 雲日記 No.225 »

コメント

3月なのに夏空を思わせる深みのある青の表現は、
まさに甲斐さんワールドですね。

投稿: GenunSai | 2015-07-13 13時15分

■GenunSaiさん、ご感想ありがとうございます。
 この写真はかなり単調ですが、個人的にお気に入りです。
 
 あえて”3月”という冬の季節感は書かなかったのですが、
 そんなところまで観察していただいているとは…恐縮です。
 いつもありがとうございます。
 
 私は車には詳しくないのでわかりませんが、この無駄のない
 車体のラインが雲にピッタリとはまっていました。
 
 色のトーンの変化が存在感を出していて、デザイン的な
 美しさを描いてみたいと思わせる、そんな情景でした。
 

投稿: J-kai | 2015-07-13 16時25分

プロの作者が気に入られるほどですが、良い作品であるのは
間違いないところで、見当違いの好感ではないと確認出来、
ほっとしています。

美にもいろいろありますが、機能美は単純さの中に
見出されることは結構多い気がしています。

季節感は田舎育ちのせいか、人並みには意識する方ですが、
改まって誉められると嬉しいものですね。

逆に、車の流麗なデザインを雲との構成との関係について、
あまり強い意識付けがなかっただけに、コメントを読んで
”ほう、確かに”と感心しました。

この画像の両者の位置関係以外の構図も、立ち位置を変えれば
自在に撮れるわけで、作者にとって絶対無二という構成を
狙われるのだなとプロの仕事の緻密さ・こだわり(写真家は
そうなんだというのは、これまでもいろんな機会に承知して
いましたが、すぐ忘れてしまいます)を再認識しました。

コメントを読んで、ますますこの作品が気に入りました。

投稿: GenunSai | 2015-07-17 09時57分

■GenunSaiさん、ご感想ありがとうございます。
 
 そうですね。シンプルになるほどいろんなものが
 見えてくるものかも知れませんね。
 
 出来上がりを見た時、単に「イメージ通りに撮れたな」という
 印象だったのですが、見れば見るほどにいろんな
 偶然がその中に写り込んでいるのに気づきました。
 
 色合いと構図、光の具合、雲の位置と形、実はイメージしたもの
 以上にうまく撮れている事に気づいたのです。
 
 写真はインパクトや面白さ、などを優先してしまいますが
 このように一見普通に見えても、見れば見るほどに”味わい”が
 出てくる…そんな写真もいいなと思います。
 

投稿: J-kai | 2015-07-17 13時29分

大げさに言うなら美学というものについて考えさせられるコメントでもありました。

逆に見ると、木を隠すなら森と言われるように、複雑化すると良い物も悪い物も
周囲に埋没して目立たなくなる。
その制約の中で、美やモチーフを表現する方向性ももちろんあるでしょうね。

一見、単純に見える中にプロの技巧が高度に織り込まれているという表現も
僕は大好きです。

車はボディの横のラインが右上がりで、ウィンドウのデザインも曲線でありながら、
シャープさを感じさせるのが、空の青の深さとよくマッチしている気がしました。

車は僕も疎いので、車種は分かりません。HONDAのフィットのような
右上がりの直線ですが、ウィンドウの形状がまったく違います。
ドアノブは車体と一体化しているデザインが最近の国産車では主流なので、
外国車かもしれませんね。
 

投稿: GenunSai | 2015-07-20 12時54分

■引き続き、ご感想ありがとうございます。
 
 はい、これは外車だったようです。かなりゴージャス?な仕様で
 近寄るのが恐ろしい感じなので、ささっと撮影(たった3枚)しました。
 
 単調な写真って、どこか「簡単に撮れる」と思われてしまいがちです。
 そういう点では理解されないところもあるかな、と感じますね。
 
 いろんなものを削ぎ落として構成するほうが写真においては
 難しいです。それでもシンプルな構成になるほどに、
 印象に残って見飽きることが少ないのでは、と思っています。
 

投稿: J-kai | 2015-07-20 16時39分

もろもろ同感です。

次男が通う山口東京理科大学の自動車部の次男の先輩に
車に極めて詳しい方がいらっしゃって、ボディ上半分の画像ですが、
キャデラック SRXシリーズの車であろうと推定していただきました。

外車であろうという甲斐さんの印象とも重なるので、間違いないと思います。

投稿: GenunSai | 2015-07-20 18時53分

■情報いただきありがとうございます。
 
 ネットで画像検索したら、まさしくそのようですね。
 キャデラック、いいデザインしていますねー
 
 この雲の時に、こんな車が絶妙な位置に停めてあったということは
 まさに”運が良かった”というべきですね。
 

投稿: J-kai | 2015-07-20 21時34分

甲斐さんのロケ地の選定が良かったという地縁にも恵まれたということですね。

何度も見ることになったからかもしれませんが、眺めるほどにいいデザインだなと
僕も思います(笑)

投稿: GenunSai | 2015-07-21 12時05分

■そうですね。確かに”縁”ってあるんでしょうね。
 
 こんな雲がやって来るとはラッキーでした。
 最初から狙っていたら、このような情景にならなかったかも
 知れませんね。偶然の出会いを大切にしたいところです。
 

投稿: J-kai | 2015-07-21 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Atago / Fukuoka March 2015:

« ホームページを更新しました | トップページ | 雲日記 No.225 »