« 雲日記 No.234 | トップページ | 雲日記 No.235 »

作品が紹介されています

1534080608p
作品掲載中
 
 雲の写真を公開しているイギリスのWEBサイト
 「Cloud Appreciation Society」
(雲を愛でる会)
 フォトギャラリーに私の作品が紹介されました。
  
 画面右サイドの「Our Photo Garelly」の中です
 http://cloudappreciationsociety.org/
 
 
 

 作品はこちらです
 https://cloudappreciationsociety.org/gallery/photo-n-3271/
 
Cas29c
 
 「
A Halo over Marinatown , Fukuoka City, Japan.」 
 
 ”日暈、マリナタウンにて
  
 
 
 ぜひご覧ください

 
 
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.234 | トップページ | 雲日記 No.235 »

コメント

毎回、海外の審査員のタイトルの付け方にも興味を持っています。

今回は halo = 光輪という単語が使われているので、これは納得!

僕の感覚では天使の輪 = Angel of wheelとでも名付けたいところです。

投稿: GenunSai | 2015-07-26 11時09分

■コメントありがとうございます。
 「天使の輪」とはお洒落でいいですね。
 
 タイトルですが、一応写真を応募する際に自分がつけて出します。
 そのままで使われる場合が多いのですが(実は今回もそうなんです)、
 時にはウィットの効いたタイトルに変更される場合もあります。
 
 逆に妙に不可解なタイトルになる場合もあります…
 https://cloudappreciationsociety.org/gallery/photo-n-3048/
 
 最近は採用が厳しい?みたいで、結構自信がある作品でも
 あっさりパスされたりしています。でもまだまだ続けてみます。
 

投稿: J-kai | 2015-07-26 17時26分

halo という言葉をご存知とは流石ですね。貴人の後光、光輪みたいな宗教的な
ニュアンスも(現代英語の語感では、だんだん薄まってきていますが)本来もった言葉です。

ちなみに、僕らが専門の口の中の病気でもアフタという小さい円い潰瘍ができる際に、
円の周囲に赤くなったゾーンができるのを紅暈 (red) haloと呼んでいます。

投稿: GenunSai | 2015-07-29 07時16分

■日暈は雲のイメージとはちょっと離れた感じがするので
 あまり撮っていませんでした。
 意識するようになったのは近年のことです。
 
 つい先日もいきなり出ていました。
 http://kumonojokei.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/no224-fa2c.html
 
 ちなみにこの採用された日暈の写真は5年前に撮影したものです。
 ヤシの木がいい前景になっていました。
 

投稿: J-kai | 2015-07-29 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作品が紹介されています:

« 雲日記 No.234 | トップページ | 雲日記 No.235 »