« 雲日記 No.192 | トップページ | Noko F. Terminal / Fukuoka November 2014 »

作品が紹介されています

2028271407p
作品掲載中

 雲の写真を公開しているイギリスのWEBサイト
 「Cloud Appreciation Society」
(雲を愛でる会)
 フォトギャラリーに私の作品が紹介されました。
 
 画面右サイドの「Our Photo Garelly」の中です
 http://cloudappreciationsociety.org/

 
 
 作品はこちらです
 http://cloudappreciationsociety.org/gallery/photo-n-2595/
 
Cas20b


 「A rendezvous in the sky over Fukuoka City, Japan. 
 

 ”青空でランデブー” 
 
  ぜひご覧ください

 
 
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

|

« 雲日記 No.192 | トップページ | Noko F. Terminal / Fukuoka November 2014 »

コメント

甲斐さん、こんにちは

本日も仕事に来てます。31日まで仕事ですよ~

今年最後のご褒美みたいで良かったですね
シンプルさの中にも、協調性のある1枚だと思います

甲斐さんにとって今年1年はどんな1年でしたか?
私は、「写」というものに向き合えた1年だったような気がします
色んな方の写真を拝見して、感じるものが沢山ありました

中でも、甲斐さんの写真と出逢えた事で今までの「写」が
大分変わったような気がします。ありがとうございます

まだまだ未熟な写真しか撮れませんが、来年はより一層、
腕を磨きたいと思ってます

また、来年もお邪魔しますね

今年は、まだコメント出来そうな気がする~
 

投稿: miwa♪ | 2014-12-28 11時43分

■こんにちは、miwa♪さん。コメントありがとうございます。
 ちょうどブログ作成している時にいただきました。
 
 今日もお仕事!でしかも31日までとは…大変ですね。
 今年もあとわずか、お仕事頑張ってください。
 
 私ですが今年は今までの集大成で「20周年写真展」が
 開催できたことが一番大きかったですね。
 
 またmiwa♪さんも含めて新たなお客さんがたくさん増えたのも
 大きな成果でした。新作も出来たし充実した一年だったと思います。
 
 このサイトは年末年始も続けていますので
 お時間がよろしかったらいつでもコメントどうぞ。
 

投稿: J-kai | 2014-12-28 12時03分

雲をめでる会への常連入選おめでとうございます。
寄り添う小さな2つの雲のそれぞれに目みたいにみえる部分があって、
2つの生きものが上空でまさに rendezvouz という情景にみえます。

GWの個展でもお初にお目にかかれた上に、お話もいろいろでき、光栄でした。
ネット上のスマートさもいいですが、手間のかかるリアルワールドでの営みは、
確実に人と人を結びつけるなと思いを新たにしました。

甲斐ワールドのファンがさらに増えて、良かったですね。
来年も気まぐれにお邪魔しようと思っております。

投稿: GenunSai | 2014-12-28 16時53分

■GenunSaiさん、コメントありがとうございます。
 
 この写真のタイトルはいろいろと捻って考えてみました。
 最初は”双子”をイメージしたのですが、クリスマスに合わせて?
 ”ランデブー”にしてみました。そんな狙いが当たったようです。
 
 はい、今年は展示会場でお会いできてとても良かったです。
 こうしてネット上でのお付き合いだけでなくて
 実際に直接お会いして、いろいろとお話もしたいですね。
 
 来年もまた作家活動を頑張りますので、よろしくお願いします。
 

投稿: J-kai | 2014-12-28 19時29分

ネット上のお付き合いもスマートでいいのですが、
直接対面してのお話などが加わると、深みを増しますね。

単なる記録写真に情景が加わると同じ写真でも
全く様相が変わるようなものかもしれません。

個展での語り合いは非常に幸せな、実り多き時間でした。
改めて感謝申し上げます。

投稿: GenunSai | 2014-12-30 21時04分

■お礼をいただくとは恐縮です。
 
 展示会でのお客さんとの直接対面は、ネットとは違った
 リアルなご意見を伺えるとても貴重な機会です。
 またいつか開催したいところです。
 

投稿: J-kai | 2014-12-30 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作品が紹介されています:

« 雲日記 No.192 | トップページ | Noko F. Terminal / Fukuoka November 2014 »