« Odo Yacht Harbor / Fukuoka July 2013 | トップページ | 雲日記 No.094 »

雲日記 No.093

10月4日(金)
  P1030611d_2  
        午後を過ぎて薄いウロコ雲が広がってきた。小戸公園に向かう途中、
        外車ディーラーの裏口にあった車が光っていた。
  P1030612d   
        小戸ヨットハーバーの駐車場に出ると雲が美しい模様を見せ始めた。
        ヤシの木と太陽を重ねて、雲のディティールを描いてみた。
 P1030613d  
        ヨットハーバーに立ち寄って監視塔を前景に広がる雲を狙ってみた。
        輝きながら伸びる雲が引き立っていた。
  P1030614d  
        小戸公園ではまだセミの声が聞こえていた。海辺にいた女性二人を
        点景に狙うと、レンズのゴーストが重なって不思議な絵になった。
 P1030619d  
        夕雲が焼けてきたので近くまで出る。マリナタウンの街並みが美しい
        影絵になって、ドラマチックな夕景が広がった。
  
        < Panasonic DMC-LX5 > 
 

|

« Odo Yacht Harbor / Fukuoka July 2013 | トップページ | 雲日記 No.094 »

コメント

この日の空模様は写欲をそそりましたね。
夕方から乗った博多駅発西方面のバスの車窓から空を眺めて、
今日もこの空の下のどこからかカメラのファインダーを覗き、
チェックなさってるのだろう、と想像しておりました。

私は、デジカメをカバンにしまいっばなしで、西新の百貨店の地下を
ぶらつきましたが地上に出ると、手持ちでは難しい明るさの上空には
明治通りと同じ西の方角に同じ形の雲がたくさん整列する空模様が見られ、
もったいなく感じたので、今シャッターを押すとしたら、どの位置からがベストか、と
周りの看板や人工物と組み合わせてシミュレーションしておりました。

投稿: いしい | 2013-10-08 10時40分

■いしいさん、コメントありがとうございます。
 普段から被写体探しを意識なさっているようですね。
 そんな中から決定的瞬間が生まれるのだと思います。
 
 この日は雲がいろいろと変化して、秋空を楽しめました。
 実は夕焼けは事情で間に合わず、とりあえず家の近くで
 撮影しました。もっとじっくりと撮りたい夕雲でした。
 

投稿: J-kai | 2013-10-08 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.093:

« Odo Yacht Harbor / Fukuoka July 2013 | トップページ | 雲日記 No.094 »