« 雲日記 No.076 | トップページ | 雲日記 No.078 »

雲日記 No.077

7月19日(金)
 P1030106d 
        日没直前に筋雲が広がっていた。姪浜漁港から眺めると”龍”が空を
        舞っているように見えてきた。
 P1030108d 
        日没後、不思議な形の雲が現れた。アングルを探して能古渡船場の
        前を通った時、街並みのシルエットといい構図を見つけた。
  
        < Panasonic DMC-LX5 >
 

|

« 雲日記 No.076 | トップページ | 雲日記 No.078 »

コメント

まさにお見立ての通りの筋雲ですね。

今日も雲の風情を除けば同じような美しい夕暮れでした。
西の空に金星がきらきら輝いていたのも。

それだけに雲は一期一会感が高いなと再認識させられます。

投稿: GenunSai | 2013-07-20 21時49分

■GenunSaiさん、ご感想ありがとうございます。
 よく空をご覧になってますね。
 
 そうですね、梅雨明けからずっと美しい雲の日が続いています。
 ただ、夕雲がもう少し色合いが強ければいいのですが…
 まだまだ夏、これからに期待したいと思っています。
 
 新作も少しずつ出来てきました。近々掲載したいと思っています。
 

投稿: J-kai | 2013-07-20 23時14分

なるほど言われてみれば、よく空を眺めているなと気づかされました。

夜空は真っ暗な中に月や星の光があるのは目立つので、
自然と目が向きますが、昼間の空は(とくに都会生活者は空の
見える空間が狭くなるし)、意識を自ら向けないと目がいきませんね。

甲斐さんの影響も大きいと思われます。
ご自身は語らずとも作品がそう促す(笑)

今後も引き続きよろしくお願いします。

投稿: GenunSai | 2013-07-21 10時18分

■そう言っていただき、作家として嬉しいところです。
 確かに雲は意識していないと見えてこないものですね。
 いい影響を与えられるような作品づくりを目指したいと思います。
 

投稿: J-kai | 2013-07-21 12時11分

自らの作品によって、人々が普段意識しにくいものに意識を
向けるようになるということは、芸術のすばらしさの1つでしょうね。

一期一会に間に合わないから、屋根にまで登って撮影されたと拝読したばかり。

ますますの御奮闘を!


投稿: GenunSai | 2013-07-21 18時31分

■そうですね、そういった何かのきっかけになるのは
 作品として、とても意義あるものだと思ってます。
 いつもコメントありがとうございます。
 

投稿: J-kai | 2013-07-21 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/57825411

この記事へのトラックバック一覧です: 雲日記 No.077:

« 雲日記 No.076 | トップページ | 雲日記 No.078 »