« Hilton F.Sea Hawk / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.044 »

Izaki F.Port / Fukuoka October 2012

1990351210p
■伊崎漁港 2012年10月■
 
秋の筋雲を伊崎漁港で撮影中、黒い猫が擦り寄って
きた。そのままではアングルが低いので、少し待って
いるとトロ箱の上に飛び乗った。雲と街を主役に猫を
シルエットで構成すると…威厳のある姿に見えてきた。
  
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« Hilton F.Sea Hawk / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.044 »

コメント

良いねぇ、凛々しいねぇ、役者だねぇ・・。

投稿: ひらパ~ | 2012-12-09 00時02分

■お久しぶりです。
 ご感想ありがとうございますー
 
 ほんの一瞬だけ、いいシルエットになってくれたのですが、
 実際はしきりに動き回るし、キョロキョロするしで…
 なかなか手強い相手でした。ここは私の粘り勝ち!でした。
 
 サイトいつも見てます。
 どうやら体調が悪いみたいですね。お大事に!
 

投稿: J-kai | 2012-12-09 00時49分

猫のシルエットがすごくいいですね。
太陽が沈み、これから始まる闇の世界へいざなっているようで。
猫のシルエットがこちらを向いているのか、背中を見せているのかわからないぐらい、
真っ黒なのが、よけい様々な想像を膨らまさせてくれます。
 
やはり、この場面でのシルエットの対象としては、鳥でもなく、犬でもなく、人間でもなく、
このとがった耳をピンと立てている動物・猫だと思います。
もしかしたら、これは猫の姿を借りている百道付近の闇の主かもしれません。

投稿: フジセ | 2012-12-09 12時39分

■フジセさん、ご感想ありがとうございます。
 
 不思議なものでこうして写真で見るといろんなイメージが
 湧いてくるものですね。実際はキョロキョロしてばかりの
 落ち着かない猫でしたが、静止画になると情景が浮かぶみたいですね。
 
 なるほど、百道付近の”闇の主”ですか。闇の世界につながるという
 その視点が斬新で感心しました。雲の表情がより引き立てているのでしょう。
 
 雲との出会いは一期一会ですが、こうして猫に出会って撮るのも一期一会。
 その出会いの瞬間を大事にしていきたいと思っています。
 

投稿: J-kai | 2012-12-09 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Izaki F.Port / Fukuoka October 2012:

« Hilton F.Sea Hawk / Fukuoka August 2012 | トップページ | 雲日記 No.044 »