« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | 雲日記 No.034 »

Momochihama / Fukuoka August 2012

1981321208p
■百道浜 2012年8月■
 
透明感ある青空に雲が浮かんでいて、百道浜方面に
撮影に出た。病院の横にある”庭園”のような広場
工事中で、その標識が空といい色合いになっていた。
フワフワと泳ぐ雲が入ると、美しい雲の情景になった。
  
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | 雲日記 No.034 »

コメント

この趣向も甲斐さんならではのお得意のパターンの1つですね。

黄色の活かし方が素敵です。

投稿: GenunSai | 2012-11-01 20時00分

■ご感想ありがとうございます。
 そうですね~なぜだか無意識にこういう色の構図を探している
 みたいです。特に明るい色調ばかりだと気分も高揚しますね。
 
 現実の世界でありながら、どこか非現実のような…
 そんな空間が気に入ってます。

投稿: J-kai | 2012-11-01 22時01分

非現実感のある現実のシーンを見つけ、それを上手く
写真として切り取るのは、作者の技量に尽きますね。

凡人は見逃しています(笑)
そういう場所は、自分で一度訪れてみたくなります。

投稿: GenunSai | 2012-11-01 22時50分

■恐れ入ります。
 
 「写真家はいかに世の中の空間から自分の絵柄を取り出せるかだ」と
 巨匠「エルンスト ハース」が言っていたのを今でも大事にしています。
 

投稿: J-kai | 2012-11-02 00時08分

エルンスト・ハース氏の言葉は実にいいですね。
 
お名前とくにエルンストというところあたりからすると、
ドイツがルーツ(現在の国籍は違っても)の方でしょうか?
 

投稿: GenunSai | 2012-11-04 18時46分

■エルンスト・ハースはオーストリア(ウィーン)出身です。
 「色彩の魔術師」とも呼ばれた写真家で、カラー写真という
 分野において、写真史に残る”巨匠”だと思っています。
 
 http://www.ernst-haas.com/
 
 20年ほど前、東京での写真展(回顧展)で初めて
 知ったのですが、その衝撃は今でも覚えています。
 その作風に私も多大なる影響を受けました。
 

投稿: J-kai | 2012-11-04 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Momochihama / Fukuoka August 2012:

« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | 雲日記 No.034 »