« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 »

Oohori Park / Fukuoka August 2012

1986301208p
■大濠公園 2012年8月■
 
8月下旬、炎天下の大濠公園で逆光に照らし出された
ヒマワリを見つけた。構図のイメージはもう出来ている
のに…なかなか雲が狙った位置まで流れて来なかった。
ようやく入って来た瞬間、別世界を眺めている気がした。
  
< PENTAX MZ-S / F 17-28mm FISH EYE / RVP 100 >

|

« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 »

コメント

魚眼で捉えられているので、さらに別世界へのトリップ感を深めている気がします。

雲の方は描かれていた構想通りに、うまく移動してきてくれたのでしょうか?

投稿: GenunSai | 2012-10-30 12時42分

■トリップ感という表現はうまいですね。
 どこかのジャングルにいるような気がしました。
 
 この後すぐに陽が傾いて、光が差さなくなったので
 ここまで…でした。もう少し狙いたかったのですが。
 なかなか雲のご機嫌伺い?は難しいです。
 

投稿: J-kai | 2012-10-30 19時46分

お誉めいただき、ありがとうございます。
 
僕らの業界では、学生時代に顕微鏡で細胞や組織を覗く実習が
あるのですが、ある日帰りのバスの中で、同級生のS君が
 「ああやって顕微鏡みていると、自分が顕微鏡の中に吸い込まれて、
細胞の中に降り立つような気がせんね??」
と実に感性豊かなコメントを聴かせてくれたことがありました。
 
これも1種のトリップ感でしょうね?
S君は今も本業の歯医者のかたわら、音楽活動を続けています。
芸術的なセンスがある人は、感覚や感性が鋭く、豊かだなと羨ましくなります。
 

投稿: GenunSai | 2012-10-30 20時20分

四つのひまわりには、それぞれに魂が宿り、それぞれに
メッセージを発しているように見えます。
 
それにしても、ひまわりの葉っぱの躍動感・力強さが強烈・鮮明で、
何かしらのパワーを感じます。
まるで、植物が意思を持っているような存在感。
まさにそれは、ひまわり達の世界が中心になっている情景です。
 

投稿: フジセ | 2012-10-30 23時14分

■GenunSaiさん、コメントありがとうございます。
  
 そうですね、たまにですが撮影している世界に取り込まれて
 いるような、そんな錯覚(トリップ感?)がする時があります。
 それだけその世界にのめり込んでいるのでしょうね。
 
 感性もそうですが、巨匠H.C.ブレッソンのように
 ”鷹の目とビロードの手を持つ”ことを心がけています。
 でも、これがなかなか難しいのです…
 

投稿: J-kai | 2012-10-31 00時06分

■フジセさん、ご感想ありがとうございます。
 
 なるほどですね。ヒマワリの”生命感”もこの写真のもうひとつの
 ポイントですね。雲と合わせるとまさしく”自然の息吹”なんですね。
 
 そんな風景を都会のど真ん中で体感できているのだから
 すごいと言うか、不思議です。そんなメッセージを
 こうして伝えることもできてよかったと思います。
 

投稿: J-kai | 2012-10-31 00時17分

フジセさんのコメントにも非常に納得です。
1枚の画像をみて、さまざまな感覚が呼び起こされるのも、
素敵なことです。

また、光が強く当たっている茎の部分が白く輝いて、まるで、
縁取りされているようになって、向日葵が画面からぐっと
飛び出してくるような感じにも見えることも、力強さや躍動感を
増す効果があるのかもしれません。

投稿: GenunSai | 2012-10-31 20時49分

■こうして一枚の写真を通していろんな感じ方があるというのは
 作家として嬉しいところですね。みなさんありがとうございます。
 
 撮影時にいろいろと感じた部分が見事に伝わっているようで
 写真という表現でのメッセージ性の強さを感じます。
 

投稿: J-kai | 2012-10-31 22時28分

魚眼に写る空は、球面に見えるので、宇宙ステーションか、
大きな宇宙船の人口庭園から眺めた地球にも見えますよ。

投稿: いしい | 2012-11-02 14時00分

■いしいさん、ご感想ありがとうございます。
 「宇宙船の人口庭園」とは面白い見方ですね。
 魚眼レンズならではの歪みを最大限に生かして撮影しました。
 
 そちらのサイト見せていただきました。
 「百道浜の夜景」綺麗ですね。飛行機の光跡がいいアクセントに
 なっていました。定点観測に向いたアングルですね。
  

投稿: J-kai | 2012-11-02 18時26分

こちらまで見に来ていただき、ありがとうございます。
今回見て頂けたショットは、地平線近くまで抜けるような
青空の日に撮ったのですが、空は抜けるような色彩で
満足できる代わりに河口からの風で水面に波が立ち、
夜景の映り込みが物足りないという不満が残っております。
 
空が多少濁っても風が少ない日に撮ったショットを見ると、
水面の映り込みが薄いグリーン、赤、黄色のストライプと
なって写ることが判ったので、休みの日に空がクリアで
かつ風の少ない日が来てくれることを願っておりますよ。
 

投稿: いしい | 2012-11-02 23時32分

■フィルム撮影続けておられるようですね。
 やはりいろいろと研究されてますね。
 
 現場で撮影結果をフィードバックできないので
 フィルムは難しく大変ですが…同じフィルム派として
 まだまだ頑張っていただきたいと思います。
 

投稿: J-kai | 2012-11-03 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Oohori Park / Fukuoka August 2012:

« Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 | トップページ | Meinohama F.Port / Fukuoka October 2012 »