« Oohori Park / Fukuoka August 2011 | トップページ | 撮影日記 vol.107 »

Marinatown S.Park / Fukuoka June 2012

1972361206p
■マリナタウン海浜公園 2012年6月■
 
例年、6月は雨上がりに美しい雲が浮かぶものだが、
今年は出ない日が続いた。この日は薄い空だったが
夕方になってようやく雲が現れてきた。マリナタウンの
海岸で台車を前景に狙うと、秋のような風景になった。
 
< PENTAX MZ-S / FA 20-35mm / RVP 100 > 

|

« Oohori Park / Fukuoka August 2011 | トップページ | 撮影日記 vol.107 »

コメント

コントラストの効いた写真のせいか、何か壮大な風景に見えます。
ぱっと見、核戦争後の人が住めなくなった地球の数千年あとに自然がよみがえり、
その誰もいない海辺に探査機が下りてきたという映画のシーンのように。

しかし、遠くに小さく福岡タワーが見え、探査機はよく見るとリヤカーだったりして、
これは福岡なのだと。

砂浜の色は火星の地表のような色で、空の深い青の部分は空気の薄い惑星の
空に見えますが、これは写真のテクニックなのでしょうか。

福岡でこんな風景があるのに驚かされます。

投稿: フジセ | 2012-06-29 19時05分

■フジセさん、こんばんは。
 
 撮影した私自身とは全く違った感じ方をされていて、
 とても新鮮でした。貴重なコメントをありがとうございます。
  
 現状(現実)に向き合ってきた作家側には、
 想像もできないような、様々なイマジネーションが
 見る側には出てくるものなんでしょうね。
 
 惑星や探査機…とはユニークな発見ですね。
 一枚の写真を巡っていろんな感じ方ができるというのは
 作家として、とても嬉しいところです。
 
 作品はストレートに撮影しています。
 一般的な「PLフィルター」を付けたぐらいでしょうか。
 砂浜の色、空の色もこういう色合いになってました。
 
 身近なところにも美しい情景が広がっているものだと
 いつも思っています。
 

投稿: J-kai | 2012-06-29 21時50分

わたしの知る限りでは、このような地平線近くまでクリアな日は、
6月5日火曜日でしょうか。

この日は、地元の富士山が加布里湾に映る様子を狙ってたのですが、
水面に波が立っててたので撮らずに戻って来ました。

長垂海岸からこのような空が見れたとは、地平線近くまでクリアな風景と上空に
このような雲が彩った空をバックに、道路沿いの柵をもう1度撮りたかったですね。

次のチャンスを狙いましょう。
 

投稿: いしい | 2012-06-29 23時58分

■いしいさん、書き込みありがとうございます。
 
 はい、おっしゃるようにこれは6月5日の火曜日の夕暮れです。 
 同じく撮影されていたようですね。これが梅雨入り直前の雲でした。
 メモ代わりに同時に撮ったコンデジのデーターを見ると、18:20頃のようです。
 
 この日は午後から雲がよくて、雑用を早く終わらせて撮影に出ようと
 かなり焦ってました。出てすぐに撮ったのがこの写真なんです。
 
 まだ梅雨明けの空も待っていますので、次のチャンスに賭けてみましょう。
 

投稿: J-kai | 2012-06-30 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marinatown S.Park / Fukuoka June 2012:

« Oohori Park / Fukuoka August 2011 | トップページ | 撮影日記 vol.107 »