« 撮影日記 vol.47 | トップページ | Yahoo! Dome / Fukuoka March 2011 »

Urban EXP. Way1 / Fukuoka March 2011

1922341103p
■都市高速道1号線 2011年3月■
 
3月中旬。寒気が流れ込んできて、また真冬のような空に
戻った。冷たい風が吹く中、港で撮影した後は地行浜まで
行ってみた。シーホーク前から都市高速を望んだら、雲が
夕陽を遮り始めた。溢れ出た光が幻想的な情景を描いた。
 
< PENTAX MZ-S / FA 28-105mm / RVP 100 >

|

« 撮影日記 vol.47 | トップページ | Yahoo! Dome / Fukuoka March 2011 »

コメント

前日の牧歌的な基調から一変して
神々しいばかりの厳粛さ漂う一葉でした。

土曜日も寒かったですね。

投稿: GenunSai | 2011-04-18 00時44分

■こんばんは、GenunSaiさん。
 ご感想ありがとうございます。
 
 土曜日は…プライベートで長崎にいましたが
 そこでもかなり寒かったです。ブルブル震えてました。
 
 意外に思われるかも知れませんが、2月~3月は
 美しい雲がよく出るので、撮影のチャンスなんです。
 これもそういった状況での一枚で、まさしく神々しい一瞬でした。
 
 逆に今頃(4月~5月)は春霞などで雲が薄くて撮影の
 チャンスが少ない時期なんです。しばらくは新作が出せませんが
 以前の作品などで更新を続けたいと思っています。
  
 

投稿: J-kai | 2011-04-18 02時09分

まさに意外な事実でした。

30~40年前と比べ、福岡の気候は明らかに変わりましたが、
そうなる前も 2月~3月の雲の方が妙味があったのかなぁ?

雲の後から光が射しているので、後光みたいに見える光の神々しさもよいし、
全面の雲の黒さも逆光写真のように黒さが際立っていいものです。

投稿: GenunSai | 2011-04-18 08時25分

■そうですね
 30~40年前は覚えていませんが、「雲の情景」を始めた
 18年ぐらい前でも2~3月は美しい雲がよく出てました。
 
 細かく言えば、空の青がクリアーなので雲が引き立つのです。
 私の写真は色のコントラストも需要な要素なので
 メリハリある空が望まれます。
 
 春は霞んだり黄砂がやってきたりで背景の空がうすく、
 雲がなかなか引き立ちませんね…  
 

投稿: J-kai | 2011-04-18 12時05分

遠い記憶も引き出していただき ありがとうございます。

色のコントラスト・・・確かに甲斐さんの作品群から
よく感じさせられる特徴の1つです。

写真集「雲の情景」の作品群で、甲斐さんが同時に
「モノトーン調」の作品もお気に入りだというのも面白いものです。
とはいえ、P42-P43は色彩は単色に近いながらも、
コントラスト自体は強烈な部分もありますけどね。
 

投稿: GenunSai | 2011-04-21 09時00分

■昔はもっとコントラストの強い写真を意識的に
 撮っていました。近年になって歳をとったせい?なのか、
 淡い写真、うすい写真も少しは撮影するようになりました。
 
 でも、やはり基本はアメリカやヨーロッパなどの
 ようなメリハリある色彩空間の景色が好きですね。
 
 モノトーン調の写真は「色の世界」からの開放感?が
 あって好きなんです。中途半端なカラーの色合いよりも
 コントラストのあるモノトーン写真がいいですね。
  

投稿: J-kai | 2011-04-21 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Urban EXP. Way1 / Fukuoka March 2011:

« 撮影日記 vol.47 | トップページ | Yahoo! Dome / Fukuoka March 2011 »