« Sea Hawk H&R / Fukuoka September 1998 | トップページ | Marinatown S.Park / Fukuoka March 1998 »

ちょっと余興で!Vol.18

0932059908j
WEBサイト、「雲の情景‐Cloudscape Fukuoka」を
  いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 
  今回は夏休み企画として、
  「もう1つの情景」第三弾をアップします。
  
  左のサイドバー◆もう1つの情景‐3◆です。
  ぜひご覧になってください。
 

|

« Sea Hawk H&R / Fukuoka September 1998 | トップページ | Marinatown S.Park / Fukuoka March 1998 »

コメント

こんにちは!
きましたねぇ夏休み(゚m゚*)
中2にとっていっぱい休みがあるのはうれしいっ!!(*゚▽゚)ノ
その分勉強もしなきゃいけないんですけどね^^;
 
15日の夕焼け見ましたか?空が黄金に輝いてました!
ぱらぱらと雨が降っているにも関わらず、外でずっと写真を撮っていました。
金色の雲と建物のシルエット?が、とてもいい感じに撮れたと思います(^ω^ )

しかも、同じ時間帯に虹が出てたんですよ!
綺麗に半円を描いた虹でした。

昨日、若松で花火大会があったんです。
一応カメラは持って行きましたが、花火ってカメラに納めるのはすごく難しいですね。
何枚か車といい画になっている写真は撮れましたが・・暗さや遠かったのもあって、
そこまでいいのは撮れませんでした。

私の隣で、脚立にカメラを構えたおじいさんがずっとレンズを覗いていましたが、
デジタルじゃないカメラでは花火はどんなふうに撮れるのか、興味がありましたね(・ω・)
甲斐さんは、花火を撮ったことはありますか?

ここって甲斐さんにメールが送れるんですね(゚m゚*)
最近気づきました笑
自分が撮った写真も送れるんですかね?
できれば、送ってみますね(^ω^*)
自分の写真を、是非甲斐さんに見てもらいたいのです!!(・ω・)

長くなってしまいました、スミマセン(;ω;)
 

投稿: れん | 2009-07-18 12時56分

もくもくと大迫力の入道雲ですね~
「もうひとつの情景-3」を拝見しました。
自転車の入ったお写真が大好きです。

投稿: ヒロ | 2009-07-18 16時36分

■こんばんは、れんさん。福岡は梅雨が明けないままに
 もう夏休み!ですね。ぜひ楽しんでくださいね。
 
 はい、15日はいきなりすごい夕焼け雲になりましたね。
 しかも反対側には虹が薄く出ていました。それにしても雨の中で
 よく撮影できましたね。撮った写真、見てみたいですね。
 
 私は、傘を差してくれるようなパートナー?がいないし、
 ひとり片手でカメラ操作はできないので、外での撮影は諦めました。
 家から部分的に見えているのを撮りましたが…うまくいきませんでした。
 
 確か10年前に似たような夕雲を撮影した事があります。
 原版が見つかったらまたここでアップしたいですね。
 
 はい、ここはメールも送れますよ。
 左のサイドバー、「プロフィール」の下の「メールを送信」からどうぞ。
 
 写真添付もできますが、(私のPCのスペックの関係で…)
 できればデーターを100Kb以下にしていただくと助かります。
 ちなみにこのブログに掲載している写真は60Kb前後です。
 
 花火の撮影もされましたか?三脚は使ったのかなあ?
 手ブレしませんでしたか。
 
 私、花火は昔よく撮影しましたよ。たくさん写真をもってます。
 基本的にはフィルムでもデジタルでも写りは同じです。
 ただデジタルの方がすぐ結果がでるから便利でしょうね。
 
 このブログは書き込み歓迎ですので、たくさんどうぞ。
 

投稿: J-kai | 2009-07-18 21時58分

■ヒロさん、「もうひとつの情景-3」を見ていただき
 ありがとうございます。
 
 いつも当たり前のようにアップしている写真ですが、
 実は表に出ないもうひとつの光景も存在していて、
 その一部を見せてみたくなりました。
 
 撮影する上で、ちょっとした参考になったらいいな、と
 思っています。
 
 ところでこの入道雲は10年前の写真なんですよ。
 当時は今よりも巨大で迫力があったような…そんな気が
 します。今年こそは期待したいところです。
 
 

投稿: J-kai | 2009-07-18 22時10分

こんにちは。

今写真のサイズを確認したら、630KB前後でしたΣ(・∀・;)
サイズの調整の仕方が分からないので、父さんに聞いてみます^^;

15日、こっちでは、小さな雨粒がぱらぱらっと降って終わる程度の雨で、
カメラが濡れずに済んだんです。
でもやっぱり、カメラが雨に濡れたりすると、心配になるんですよね。
甲斐さんのパートナー!ぜひなってみたい(゚m゚*)笑

たくさん撮ったんですが、花火は一瞬で消えてしまうので、
うまく撮れてないのが多かったです。ブレてる写真、多かった(;д;)

フィルムでも写りは変わらないんですね。
デジタルはすぐに確認できるけど、花火ばかりはすぐには確認できませんでした。
カメラをおろすと、もう次がきてしまうんです^^;
甲斐さんの花火の写真も見てみたいですね^^

投稿: れん | 2009-07-19 11時08分

■こんにちは、れんさん。
 写真のサイズの件、お手数かけます。
 
 デジタルカメラはあまり詳しくないんですが、
 カメラ本体でも画像サイズの縮小ができるのもあります。
 目安としては640×480ピクセル、ぐらいですよ。
 
 これぐらいがメール添付やHPに掲載するのに一般的なサイズです。
 まあ、最近は大きいサイズでも使われているようですが、
 なにしろ私のPCが古いもので…スミマセン。
 
 花火は基本的には三脚にカメラをつけて、1秒以上の露光になります。
 光った瞬間だけを撮るんじゃなくて、光っている間は露光します。
 
 それから感度を上げて撮れば早いシャッターで切れます。
 でもあまり上げすぎると画質が荒くなったりノイズが出たりします。
 そのあたりはケースバイケースですね。
 
 これからが花火のシーズン、何度もチャレンジしてください!
 

投稿: J-kai | 2009-07-19 17時38分

今回の「もうひとつの情景-3」
内容が秀逸ですね。
今までの1,2は、言われているように
「微妙に違う作品」でしたが、
今回の-3は、「同じ素材でも、別の作品」
です。
ある自然現象を前にして、カメラマンの
舞台裏までが見えてくるような、
奥の深い作品群です。

15日の夕陽は、私も見ました。
雲が晴れるのが、あと15分早ければ、
2007年9月16日の再来になったかもしれませんね。

投稿: かみたま | 2009-07-19 20時37分

■かみたまさん、いつもありがとうございます。
 いや~褒めていただいて、嬉しいですね。
 セレクションから構成までかなり時間をかけて作りました。
 
 逆に言うと、私自身も客観的に作品を見直す機会になるので
 いい勉強になってます。撮影時の判断の重要さを改めて
 認識しているところです。
 
 おお、15日の夕焼けはかみたまさんも見ましたか?
 私も2007年9月16日の夕焼けを思いだしましたよ。
 
 あの時は雨の中、撮影に出てカメラもフィルムも濡らしてしまい、
 しかも、思ったようなショットがなく…泣きそうでした。
 やはりああいう状況では、お手伝いさんがいるなあ、と思います。
 
 もしくは雨に濡れても大丈夫なデジカメですかね?
 フィルムはフィルムチェンジがあるので、雨の日は無理ですね。
 

投稿: J-kai | 2009-07-19 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと余興で!Vol.18:

« Sea Hawk H&R / Fukuoka September 1998 | トップページ | Marinatown S.Park / Fukuoka March 1998 »