« Momochi S.Park / Fukuoka October 2008 | トップページ | Jonai / Fukuoka November 2008 »

Gringrin / Fukuoka October 2008

1754130810j
■ぐりんぐりん 2008年10月■
 
先月、12日に撮影した写真。「ぐりんぐりん」へ行くことに
なったので、魚眼レンズを持っていった。普通に撮っても
歪な景色になるレンズの特性を有効に使った。遠くの雲
が風に流されて、曲面だらけの空間に動きを与えていた。

|

« Momochi S.Park / Fukuoka October 2008 | トップページ | Jonai / Fukuoka November 2008 »

コメント

魚眼レンズ…というものは どんなものですか?
また~「ぐりんぐりん」と いう所が
どんな所なのかもよくわからないのですが…

   
ジェットコースターに乗っているような?
そんな感じの 写真に見えます。

遠くの・・・
くも・・・

いいですね~♪
  

投稿: うさ♪ | 2008-11-16 20時59分

■うさ♪さん、書き込みありがとうございます。
 
 魚眼レンズとは…フィシュアイレンズ、わかりやすく言うと
 「魚」が水中から見上げた時、世界が円く見える…という
 そんなイメージで撮影ができるレンズです。
 
 つまり、被写体が湾曲して(球体に)見えるようになります。
 画面の端にいくほどその曲がり方が極端になるのが特徴で
 その効果を利用して撮影につかいます。
 
 最近はカメラ店でもデモ用として、たまに置いてあります。
 ご覧になると上の説明の意味がわかると思います。
 
 ぐりんぐりんとは福岡市東区の人工島にある施設で
 まあ、小さな室内植物園?みたいなものでしょうか…
 その外観が曲面だらけのデザインで斬新なんです。
 
 施設の上はこの写真のように遊歩道がジェットコースターのように
 上下左右、ぐるぐると回ってついています。
 そのユニークさが面白いところです。
 
 ぜひ一度、見に行かれてはいかがでしょうか?
 

投稿: J-kai | 2008-11-16 22時11分

ぅわぁ(*^_^*)
この一枚の写真は
地球は丸~い♪
って感じがする素敵な作品ですね(^_^)v

投稿: 向日葵の花 | 2008-11-19 01時58分

■ 向日葵の花さん、ご感想ありがとうございます。
 
 この施設は元々ぐにゃぐにゃした形だったので、
 魚眼レンズの特性とうまくマッチしたのだと思います。
 
 普通のレンズで撮っても歪な場所なのに、さらに強調する
 意図で魚眼レンズを使うのは…珍しいかも、です。
 
 よく見ると遠くの建物もかなり曲がっていますが、
 かえって画面に動きが出て面白いかなーと思いました。
 普通のカメラマンならボツにする作品かも知れませんね~
 

投稿: J-kai | 2008-11-19 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/42836025

この記事へのトラックバック一覧です: Gringrin / Fukuoka October 2008:

« Momochi S.Park / Fukuoka October 2008 | トップページ | Jonai / Fukuoka November 2008 »