« Uminonakamichi / Fukuoka September 2007 | トップページ | Odo Yacht Harbor / Fukuoka October 2007 »

Bayside Place / Fukuoka August 2007

1646310708j
■ベイサイドプレイス 2007年8月■

朝から雲の表情がいいので、ベイサイドから西戸崎まで
フェリーで行ってみることにした。乗船後、2Fデッキから
眺めると、改装で新しくなった渡船場の上に美しい雲が
広がっていた。いいタイミングでクルーザーが入ってきた。
   
< PENTAX MZ-3 / FA 20-35mm / RVP 100 >

|

« Uminonakamichi / Fukuoka September 2007 | トップページ | Odo Yacht Harbor / Fukuoka October 2007 »

コメント

kaiさんの作品は拝見していて心地よいですね!
広角でお撮りなので肉眼とは違う見え方をしている筈なのに違和感無く
受け入れられます。
実は私は魚眼のように明確に湾曲が認識できる画像が個人的には苦手です。
しかし、kaiさんの作品は魚眼も含めて違和感無く受け入れられます。
 
現実の世界を別物に作り変えたという印象は感じられず、その風景が現実の
ものとしてそこにあるという一種の臨場感があります。そこがいいですね。
 
芸術の定義は作品が「つくりものである。」ということだと思うのですが、
そのつくりものに絶大なる説得力を持たせるのがプロフェッショナルの
技量なのだと思います。
これは美術に限らずすべての芸術に共通することだと私は理解しているのですが・・・

投稿: ヒロ | 2008-02-09 08時12分

■ご感想ありがとうございます!
 
 はい、広角レンズでの撮影は
 なるべく違和感がないように工夫しています。
 距離感やアングルや構図など…いろんな方向で。
 
 それと20㎜よりワイドは使ってないので
 そこまで強烈な湾曲が出ていないと思われます。
 
 でも、さすがに魚眼レンズの湾曲は強烈です!
 実は極端に湾曲がヒドイのはお見せしていません。
 その選別も悩みどころ、ですね。
 
 撮影では臨場感も大切にしています。
 その場のイメージをしっかり伝えたいのもあります。
 
 しかし、時には現実を超越した不思議な世界を
 表現したいこともあります。
 明日アップ予定の写真はそんな感じかも…です。
 

投稿: J-kai | 2008-02-09 21時03分

こんばんは。
空見てたらまた涙が出てきました。^^
やっぱりいいですね、空は。
ありがとう。今日はずっと自然に癒されて
ばかりですわ☆

投稿: starry | 2008-02-10 22時46分

■お久しぶりです。
 書き込みありがとうございます~
 
 空(雲)は、時には癒されますよね。
 そういう意味でも写真として残すのは素敵な事だと
 思っています。
 
 同じものは二度とない貴重なモノなので、これからも
 ずっとずっと撮り続けていきたいですね。
 まだまだ作品をアップしていきます。
 
 お楽しみに!
 

投稿: J-kai | 2008-02-11 00時24分

シンプルに素直に撮ったように素人には映る
(プロの作品だから、そんなはずはない)さりげなさがある。

なおかつ、思わず作品に目が釘付けになる。

赤いお空の画像と悩みましたが、
2007 BestShotの作品群の中では一番好きだなと思った作品です。

投稿: GenunSai | 2012-11-18 14時39分

■ご感想ありがとうございます。
 
 そうですね、超広角レンズはシンプルな構図であるほどに
 撮影は難しいものです。その分、印象強い作品になると思っています。
 
 この写真はとても人気があって、展示会でも売れた一枚なんです。
 個人的にもお気に入りの写真です。
 

投稿: J-kai | 2012-11-18 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188244/40007539

この記事へのトラックバック一覧です: Bayside Place / Fukuoka August 2007:

« Uminonakamichi / Fukuoka September 2007 | トップページ | Odo Yacht Harbor / Fukuoka October 2007 »